第2回医学生・日本医師会役員交流会開催!(前編)

8月22日に東京の日本医師会館において、第2回医学生・日本医師会役員交流会が開催されました。今回の交流会では医師・作家の海堂尊先生や全国各地で活躍する若手医師が集まり、23大学の医学生と熱いディスカッションを行いました。

第2回 医学生・日本医師会交流会開催

挨拶

人間の尊厳を大切にする社会

日本医師会会長 横倉 義武

yokokura昨年、人間の尊厳が大切にされる社会を実現すべく日本医師会綱領を定めました。「安全・安心な医療提供体制の構築」、「国民皆保険制度の堅守」などの4項目を明記し、その誠実な実行を国民に約束しました。日本医師会は、「国民に安全な医療を提供できるか」、「国民皆保険制度が維持できるか」という2つの原則に照らして、国に提言をしています。将来の医療を支える皆様が、学生時代から日本の医療を考えることが国民医療の向上につながっていくものと思います。

基調講演

1.死因究明とこれからの医学

海堂 尊先生(放射線医学総合研究所重粒子医科学センターAi情報研究推進室長・作家)

kaidoh死因究明が必要な場合でも、解剖が実施できないために正確な死因が判明しないことがあります。そうした状況を改善すべく、死亡時画像診断(Autopsy Imaging, Ai)の導入を主張してきました。国への働きかけが上手く進まない中、日本医師会はAiの意義に着目し、検討会を開いてくれました。結果、今年からAiを用いて小児死亡症例の原因を究明する厚生労働省のモデル事業が始まりました。問題解決のパラダイムを示してくれるのは、学会や厚労省ではなく日本医師会だと感じています。

2.未来志向の医療体制作り

日本医師会副会長 今村 聡

imamura日本医師会は約30万人の医師のうち55%が加入しており、約半数は勤務医です。地域の医師会員は夜間休日診療をしたり予防接種をしたりと患者・国民の健康を支えています。日本医師会は現場の先生たちが仕事をしやすいように環境整備をしています。若手研究者への医学研究奨励賞を設け、会員への研究助成をしているほか、医賠責保険や医師年金の運用、臨床研修医支援ネットワークの整備などを行っています。若い方にも加入のメリットがあることを知っていただきたいです。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら