10年目のカルテ

患者さんよりも先には諦めないという情熱を持って

【整形外科】頭川 峰志医師
(富山大学附属病院 整形外科)-(前編)

整形外科を目指したきっかけ

頭川先生

――まず、整形外科を目指したきっかけを教えて下さい。

頭川(以下、頭):学生時代から手術に強い憧れがあり、自分は外科系だなと思っていました。外科系の中でどこにするかは非常に悩みましたが、スポーツの外傷で自分自身がお世話になったという身近さと、実習の際に感じたスタッフの明るさに惹かれて、整形外科を志しました。

――整形外科に入ると、まずはどんなことを学ぶのですか?

頭:整形外科が診るのは主に急性期の外傷や慢性期の変性疾患ですが、まずは外傷の初期治療で研鑽を積むことが多いです。私も2~4年目は救急の初期対応で、検査や診断、投薬、骨折・脱臼の治療、創縫合などを身につけました。この時期に救急外傷の初期対応を任されることで経験と自信を積み重ねることができたのですが、私がこのとき困ったのが四肢切断の患者さんでした。当時私がいた病院には、ちぎれた手足をつなぐことができる先生はおらず、患者さんと一緒に救急車に乗って三次救急病院に搬送しても、結局再接着できずに私の外来に戻ってくるということが多かったんです。今となっては条件が悪かったと思うのですが、そういう悲しい結末を多く目にしたんですね。

――そうした経験から、手外科を志すようになったということですか。

頭:はい。手外科を目指すことを決めたのは、5年目に大学に戻ったときでした。たまたま新しくできた手外科のチームに入ることになったのですが、配属初日にゴミ収集車に挟まれて腕がちぎれてしまった患者さんが来たんです。それを上の先生が見事につなぐところを目の当たりにして、非常に感動して。これは絶対に必要な技術だぞと思いました。ちぎれたものがつながり、しかも動くようになるという再接着術の魅力と、まだまだ残る後遺症に対する機能再建という課題に取りつかれ、それから手外科を専門にしようと思うようになりました。

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら