医学生×保育者 同世代のリアリティー

子どもを保育する 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「子どもを保育する」をテーマに、保育所・幼稚園で働く3名(社会人D・E・F)と、医学生3名(医学生A・B・C)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは「子どもを保育する」

医師が仕事と育児を両立させるためには、保育所や幼稚園にお世話になることが多いでしょう。今回は保育のプロ3人に、その仕事内容や育児について聞きました。

保育所と幼稚園、保育形式の違い

社D:私は保育士として働き始めていま3年目で、今年は0歳児クラスの担任をしています。

社E:私は幼稚園に今年入職して、4歳児を受け持っています。

社F:僕も今年から幼稚園で働いています。僕の園では入職1年目は担任を持たず、年少・年中・年長のクラスを1学期ずつ補助することになっています。来年から担任を持つ予定です。

医A:基本的なことなのですが、保育所と幼稚園の違いはどういうところにあるんですか?

社F:保育所は厚生労働省管轄の乳幼児の保育を行う施設ですが、幼稚園は文部科学省が管轄する学校の一種です。そのため保育士と幼稚園教諭は別の資格で、僕たち3人は大学でそれぞれに対応した授業を履修して両方の資格を取得しています。

社E:保育・教育の内容面でも、お昼寝の有無やお勉強に割く時間などに違いがあります。私の勤めている幼稚園は音楽教育に力を入れていますが、食育などを行っている園もあります。

医B:通う子どもの年齢などにも違いがあるんですよね?

社D:保育所は0歳児から小学校入学直前までの子どもを受け入れていて、うちの園では朝7時から、延長保育を使えば夜7時まで預かれます。一方、幼稚園の対象は基本的に3歳以上の子どもで、預かる時間は1日4時間くらいの所が多いですね。

社F:保育所は基本的に両親が共働きでないと入れません。今は保育所に入れない「待機児童」が問題になっていますが、幼稚園だと預けられる時間が短いので、フルタイムで働く親御さんの場合は、どうしても保育所に預ける必要があるんです。

保育するという仕事の難しさ

医C:保育士・幼稚園教諭として働くうえで、一番大変なことは何ですか?

社E:やっぱり親御さんとの関係ですかね。いわゆるモンスターペアレントも、なかにはいます。以前、蚊についての苦情を受けたことがあります。夏だと子どもは汗をかくし身長も低いのでどうしても刺されてしまうものなんですが、「うちの子がなぜ蚊に刺されるんだ!」と怒られてしまいました。でも刺されないように長袖を着せると、今度は逆に「こんなに暑いのになぜ長袖なんて着せるんだ!」と言われたり(苦笑)。親御さんにもストレスがあるので、そういうのを聞いてあげるのも私たちの仕事なのかなと、最近になって思えるようになりました。

社D:私が大変だと感じるのは園外保育です。先日も1泊保育があって、年中・年長を連れて静岡の牧場とサファリパークに行きました。怪我や誘拐など、万が一のことがあったら大変なので、とにかくプレッシャーが大きいです。トイレ休憩などを挟む度に点呼して、全員の安全を確認していました。神経を張りっぱなしの2日間でしたね。

医A:私が通っていた幼稚園には、男性の先生はあまりいませんでした。男性が幼稚園で働くのって大変じゃありませんか?

社F:男性の割合は少しずつ増えてはいますが、それでも全体の2割くらいでしょうか。まだまだ女性社会の職場なので、男性が働く際には難しいことも多いですよ。ただ、子どもを腕にぶら下げたり肩車したりするダイナミックな遊びができることは、男性の強みかなと思います。

医B:それって、絶対に子どもが喜ぶやつですね!

社F:でも幼稚園教諭の収入はかなり少ないので、将来の結婚などを考えると、正直難しいものがあるのかなとも思います。僕の場合は四年制大学卒ということで少し手当があって、後は送迎バスの運転手をやったり年次が上がったりすれば少しずつ昇給していきますし、結婚しても生活できるように頑張ると園長先生は言ってくれています。自分としては、せっかく就いた仕事ですし、子どもの相手をするのも好きなので、できるだけ長く続けたいと思っています。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら