レジデントロード

番外編 臨床以外の道に進んだ先輩に聴く
【基礎研究】萩原 賢太先生
(バーゼル大学 フリードリッヒ・ミーシャー研究所
博士課程)-(前編)

萩原先生

――先生が医学部に進学された経緯をお聴かせください。

萩原(以下、萩):僕はもともと神経科学と複雑系物理に興味がありました。どちらも理学部で研究できるので、東京大学の理科一類に進学しました。ですが色々と本を読むうちに、人を診る、特に精神科領域の患者さんと関われることが研究上の強みになるかもしれないと思い、再受験をして九州大学医学部に入り直すことにしました。

――卒業後、海外の大学院に進学したのはなぜですか?

:研究内容を自分の関心により近づけたかったからです。医学部時代は視覚情報処理を研究しており、手応えもありました。ただ、視覚の研究では、動物が見るものをコントロールするために、麻酔下で実験を行います。自分は認知・行動など、より高次な脳の機能のほうに関心があったので、国内外問わず研究室を探して留学しました。

――現在の研究内容について教えてください。

:記憶のメカニズムを研究しています。人間は経験から物事を覚えますが、有機物である脳が記憶をどう作り貯蔵しているかはあまりよくわかっていません。それを理解するためにマウスに対して「何かを覚えて何かを思い出す」という行動課題をデザインし、その時の脳の神経細胞の活動パターンを調べています。

――基礎研究の道に進むことを選んだのはいつでしょうか?

:学部5年生の時です。アメリカ留学から戻られてすぐの、研究を精力的に進められている若い教授が、分子生理学教室に赴任したんです。それまでは学内に基礎研究として神経生理を扱うラボがなく、精神科臨床医の道も考えていたのですが、生理学教室の環境はとても刺激的で、そのまま教室に出入りして研究させていただくようになりました。

――先生は臨床研修を経ずに研究者としての道を歩まれていますが、不安はありましたか?

:九大医学部の中では珍しい選択でしたが、東大時代の同級生の中には物理学などの方面で研究の道に進む人もいたので、不安は少なかったです。むしろ医師免許がある分、他学部の研究者に比べればリスクは少ないと考えていたと思います。

――研究のやりがいはどのような点にありますか?

:予想外の結果が得られ、それに対して理論的な説明がついた瞬間にやりがいを感じます。思いもよらない実験結果が出ると、最初は困惑します。何回やってもそうなるということはその結果が正しいのでしょうが、よく意味がわからない。それでも実験を繰り返すと、どこかのタイミングで理解できる瞬間があるんです。といっても、そんな瞬間は滅多に訪れませんが。