医学生×農業
同世代のリアリティー

農業に携わる 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、農業に携わる社会人2名と、医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「農業に携わる」

皆さんが普段食べている農産物は、農業に携わる人たちが作ったものです。皆さんは、農業についてどのくらいイメージできますか?今回は、同世代で農業に携わる社会人にお話を伺いました。

農業に携わるようになったきっかけ

中島(以下、中):お二人はどんなお仕事をしているんですか?

川名(以下、川):私は東京でトマトの水耕栽培を行っています。実家は農家ではありませんが、知り合いの農家の方に従業員として雇ってもらい、農業を始めました。

大森(以下、大):僕は農業団体の職員です。今は、農家の方の資産管理や土地の有効活用を支援する仕事をしています。

千田(以下、千):なぜ、農業に携わる道を選んだのですか?

:農学部を卒業した後、初めは農産物の流通関係の会社に入社しました。そこでトマトを担当することになり、研修として1年間、地方の農家で働きました。それがきっかけで農業の面白さを知りましたし、高齢化が進む業界だからこそ、国の支援もあり、新しく始めることにチャンスを感じたんです。

:僕は、大学で農学を学んでから農業が大好きで、新しく農業を始めたい人を支援する仕事をしたいと思い、農業団体に就職しました。残念ながらその部署には配属されませんでしたが、土日にプライベートで新規で農業を始めた人のお手伝いに行ったりしています。

:学生の皆さんは、農業団体って何をやっているところかイメージできますか?

伊藤(以下、伊):うーん…野菜を売っている、直売所のイメージでしょうか。

:それも正解ですね。

:例えば、農業団体は私たち農家が作った農産物を一括で買い上げて、スーパーなどの販売店に卸してくれます。最近ではインターネットなどで、農業団体を介さずに直販の形を取る人も増えていますが、その場合、相当な量の梱包・発送を自分でしなければならないので、とても大変です。ですから、ほとんどの農家が農業団体を通して販売を行っています。

:農業団体には、他にはどのような仕事があるのですか?

:川名さんが言ったような販売事業の他に、農家の方が使う資材を共同購入する事業や、農家の方に生活物資や石油・ガスなどを提供する事業などがあります。都会では想像しにくいかもしれませんが、地方の農村には商店などがない場合も多いので、農家の方の暮らし全般を支えているのが農業団体なんです。農業のインフラを支える役割を農業団体が担っているとも言えますね。

ご縁がないと始められない?新規参入の難しさ

:新規で農業を始める方はどのぐらいいるんですか?

:かなり少ないですね。農地や機械類を買うための初期投資には莫大な資金が必要だということもあり、ほとんどの農家は代々続く家族経営です。

:農家に生まれるか農家の人と結婚するのが、農家になる一般的な道です。既に農業を始めている私でさえ、「農業をやりたいなら早く農家に嫁ぎなよ」と言われることがあるくらいです。それ以外は、私のように従業員を雇っている農家の方に出会うなどといったご縁がないと、新規で始めるのは難しいですね。

:今の話を聞いて、新規で農業を始めるのと、医師の開業は似ているなと感じました。開業医になるには、患者さんを確保し、ある程度の施設や医療機器を揃える必要があるので、親が開業医の人がなることが多いです。これから人口が減っていくことも考えると、新規参入は今よりも難しくなるんじゃないかと思います。

:確かにそういうところは似ているかもしれませんね。ただ、医師は人気の職業だけど、農業は人気がないのがつらいところです。僕たちの団体でも農業体験などのイベントを行っていますが、来てくれる人はだいたい小さい子どものいるファミリー層で、社会科見学程度に留まっている印象です。そういう場に積極的に訪れて、農業をやりたいと思ってくれるような若い人は、ほとんどいないんですよね。農家を継ぐ人も減っているので、今では農家の平均年齢は70代とも言われています。僕としては、何とかして農業を憧れの職業にしたいですね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら