病院長として医師の働き方改革に取り組む
~相原 道子先生~(前編)

秋山先生

今回は、横浜市立大学附属病院の病院長であり皮膚科教授である相原先生に、これまでのキャリアや、医師の働き方改革についての病院管理者としてのお考えを伺いました。

男性と同等に活躍できる仕事に就きたかった

篠原(以下、篠):相原先生は、横浜市立大学の皮膚科でキャリアを積まれ、2004年に病院教授、2008年に主任教授に、2016年には横浜市立大学附属病院の病院長に就任されています。まず、先生が医師を志した理由を教えてください。

相原(以下、相):男性と同等に活躍できる仕事に就きたいと思ったからです。人に感謝される仕事であることも魅力的でした。

:皮膚科を選ばれたのはなぜですか?

:皮膚科と内科で悩みましたが、横浜市大は当時からローテート研修があったので、各科を1年ずつ経験して皮膚科に決めました。その場で診断がつけられ、かつ治療の結果がすぐわかることに魅力を感じました。また私自身がアトピー性皮膚炎だったので、同じようにつらい思いをされている方の役に立ちたいと思いました。

:研修医の頃にご結婚されたのですね。

:はい。臨床研修1年目の終わりに、同級生の夫と結婚しました。周囲の女性医師も、同じ時期に結婚する人が多かったですね。最近の研修医と比べると時間にゆとりがあり、じっくり勉強できたと感じます。

:その後、西ドイツ(当時)とアメリカへ留学されています。

:はい。夫が大学院を卒業するタイミングで、西ドイツの免疫関係の研究所に一緒に留学しました。2年後に日本に帰ってきましたが、西ドイツの教授から「今度はアメリカに行かないか」と声をかけていただき、再び夫と一緒に留学しました。

:素晴らしいですね。帰国後、研究者や開業医などの選択肢があるなかで、先生は大学で教育に携わる道を選ばれました。その理由は何でしたか?

:自分にとって刺激的な環境に身を置きたいと思ったからです。大学にいると、常に最先端の情報に触れていることができますし、皮膚科だけでなく他科や他大学の先生とも頻繁に情報交換をすることができます。また、学生や研修医から若いエネルギーをもらえるのも魅力的だと感じました。

:教職を続けられ、一昨年には病院長に就任されました。病院のトップという立場は、さぞお忙しいことと存じます。

:そうですね。皮膚科教授としての仕事は2割程度になり、病院経営、医療安全など病院や大学全体を見る仕事や行政関連の会議等の仕事の比重が大きくなりました。毎日、分刻みのスケジュールで働いています(笑)。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら