レジデントロード

【循環器内科】青野 智典先生
(山形大学医学部附属病院 第一内科)-(前編)

――青野先生はなぜ循環器内科を選ばれたのですか?

青野先生

青野(以下、青):心筋梗塞や脳卒中といった疾患を持つ人が周りに多かったこともあり、入学前から心臓の疾患や救急救命に関心は持っていました。その後、臨床実習で循環器内科を回った時に、一番印象深かったのがカテーテル治療だったんです。胸が苦しいと訴える救急の患者さんを、すぐに心電図を取ってカテーテル室に運び、たくさんのスタッフが急いで集まって命を救う、といった一連の流れに自分も加わりたいと感じました。

――臨床研修病院は、どのように選ばれたのですか?

:入学当初は出身地である茨城に戻るつもりでいました。けれど、6年間を山形大学で過ごすうち、部活の先輩をはじめ様々な人とのつながりができ、次第に土地にも愛着が湧いてきて、山形大学医学部附属病院に残ることにしました。1年目は大学を回り、2年目は酒田市の日本海総合病院へ赴任しました。そこでは3年目の先生について、問診や検査のオーダーや病棟業務といった循環器内科の初期対応を学びました。

――専門研修の様子をお聞かせください。

:山形大に入局し、引き続き日本海総合病院に勤務しました。ここでは新規の患者さんも訪れる外来をいきなり任されたんです。患者さんが本当に循環器の疾患なのか、という鑑別から自分で行わなければならず、戸惑うばかりでした。外来の自分のブースから上級医の先生のブースまで、一日に何度も往復しては指導を仰ぐので、時間もかかって非常に大変でしたね。でも今思えば、かなり貴重な経験をさせていただいたと思います。

外来の他には、カテーテルの修練に励みました。カテーテルは検査と治療とに分かれていて、まずカテーテル検査をし、異常が見つかればそのままカテーテルで治療を行うという流れです。新人は、検査から修練を積み始めます。検査が安全に行えるようになると、治療の部分も任されるようになります。僕の場合、まず検査だけを200件経験するようにと言われました。200件を終えてコツをつかんだ4年目の頃から、治療も任せてもらえるようになりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら