医師の勤務環境の現状と課題(1)

過酷な勤務環境に「耐えながら」働くことは、医師の心と身体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。ここでは勤務医の心と身体の健康上の課題について、日本医師会が行ったアンケート調査の結果から考察してみましょう。

忙しいのがあたりまえな中で心身の健康を崩す医師もいる

医学生のみなさんの多くは、医師免許を取得後に勤務医として働くことになります。実習で見る先輩たちの姿などから、「研修医や勤務医が忙しいのは仕方がない」と思っている人も多いでしょう。
医師の取材で医局を訪問すると、夜の8時を過ぎても人の流れが絶えません。テーブルの上には菓子類がいくつもあり、コンビニ弁当やカップ麺が置かれているのもよく見ます。ソファに腰を下ろして一息ついた瞬間、PHSで呼び出されて足早に出て行く医師、ケーシーのままでイスを並べて横になる医師――そんな様子を「あたりまえ」だと感じる雰囲気があります。しかし、そのような生活を続けていくうちに心身の健康を崩し、忙しい医療機関を離れていく医師も少なくありません。

体調やメンタルヘルスの不調を他人に相談しない医師が多い

医師は自身のストレスについての自覚が低く、困ったときに誰かにサポートを求めるよりも、我慢して自分で何とかしようという意識が高い職業のようです。日本医師会が行った調査(「勤務医の健康の現状と支援のあり方に関するアンケート調査」、2009年)の結果を見てみましょう。

まずは「簡易抑うつ症状尺度(QIDS)」に則った設問についての結果を見てみます。
すると、8.7%(約12人に1人)の勤務医がメンタルヘルスのサポートが必要な状態であるということがわかりました(図1、11点以上が「抑うつ状態」とされる)。この尺度では、16点以上は休職や薬物療法が必要なうつ病と想定されるのですが、1.9%がこれに該当しています。つまり、約50人に1人の勤務医がすぐにでも休職や薬物療法が必要な状態にあるのです。

 

一方で、「自分自身の体調不良について他の医師に相談することはあるか?」という質問への回答を見てみると、半数を越える53.3%の勤務医が、「まったくしない」と答えています(図2)。その理由については、「自分で対応できる自信があるから」が54.6%と最も多く、次いで「同僚に知られたくないから」10.7%、「自分が弱いと思われそうだから」6.0%という回答が挙げられています(図3)。医療のスペシャリストであるという自負と、周囲に対して「弱み」を見せたくないという気持ちから、体調不良やメンタルヘルスの不調を訴えずに無理をしてしまう医師が多いことが推測されます。

この結果を重くとらえた日本医師会「勤務医の健康支援に関するプロジェクト委員会(当時)」は、2009年10月から3か月間、Eメールで匿名の健康相談窓口を設けました。しかし、相談の件数は3か月間で7件と、非常に少ないものでした。また、電話相談の窓口も試験的に1日設けましたが、相談は全くありませんでした。忙しい環境で働く医師の心身の健康を守るには、メールや電話で相談窓口を設けるだけでは不十分だったのです。必要なのは、一人ひとりの医師が自分の心身の健康を保つ意識を持つことです。生命を扱う責任の重さややりがいに応えて頑張ることも大切ですが、心や身体の健康を損なう前にきちんと専門家に相談し、自身の健康を管理することも医師としての重要な仕事です。医師が体調を崩すと、最終的には患者さんに影響が及ぶことからも、医師自身の健康管理も含めて「医療の提供」だと言えるのではないでしょうか。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら