一人ひとりの事情に合わせて、
働きやすい職場を一緒に探す
~日本医師会女性医師バンク~(1)

今回は、様々な事情を抱えながらも、日本医師会女性医師バンクの力を借りながら自分に合った職場で働いている先生方のお話を伺いました。

矢野先生
語り手:
大阪府の総合病院で産婦人科医として働くA先生

聞き手: 
矢野 隆子先生
日本医師会女性医師支援委員会委員
女性医師バンクコーディネーター


家庭中心の働き方から総合病院の産婦人科へ

A:私は関東の大学を卒業して、産婦人科の医師として系列病院で5年研修を受け、そのあと大学院に進学しました。大学院の間に妊娠・出産し、学位を取った後、さらに1年だけ系列病院に勤めてから、主人の地元である関西の病院に就職しました。
このころは非常に多忙でしたが毎日が充実していて、楽しく働いていました。しかしその反面、家庭が疎かになっていたのも事実でした。子どもが不安定になったり家族が大きな病気をしたりして、「もっと家庭を大事にしたい」という気持ちを持つようになりました。

矢野(以下、矢):それで、不妊治療の専門病院に転職されたのですね。

A:はい、不妊治療は特殊領域ですので、一度しっかりと勉強してみたいと思っていたのも理由のひとつでした。ただ、結果的に自分には合わないなと思ったのと、やはりお産が好きなので、再び周産期医療に戻りたいと思い、以前からホームページで知っていた女性医師バンクにご相談しました。

矢:復帰の際の不安はありませんでしたか?

A:もちろんありました。周産期医療から数年離れていた間に、新しい知見が出ていたり、治療のスタンダードが変化したりした部分もあったので、対応して着いて行くのが大変でした。ただ、私より下の世代の先生たちも快くいろいろなことを教えてくれる環境で、本当に働きやすいなと感じましたね。
また、子育ての経験は仕事に役に立っていると感じます。特に、地域コミュニティの中でママ友たちと話したことが、勉強になりました。「お母さんたちはこんな気持ちだったんだ」「ドクターの一言でこういう風に感じるんだ」ということを、たくさん学ばせてもらいました。

矢:親としてしっかり子育てに携わってきたからこそわかることがありますね。
また、先生は海外ボランティアにも積極的にご参加されていると聞いています。

A:そうなんです。学生のときから海外ボランティアに興味があったのですが、キャリアや出産などを優先しているうちに、機会を失っていたのです。そこで、思い切って1週間お休みをとって、海外に行ってみました。主人や周囲の理解があってこそできることなので感謝しています。現地での体験は自分にとってその後の糧にもなっていますし、これからも何らかの形でかかわり続けたいです。母親としての経験や海外ボランティアでの経験など、いろいろなことを幅広くやってきたことが、今の仕事に活かされていると思います。

矢:これから医師になる医学生のみなさんに一言お願いします。

A:今の学生さんたちは、働き方の選択肢が広がってきた分、自分の価値を高めていかなければ生き残れないというプレッシャーも強く、大変だろうなと思います。でも、だからこそやりたいことにはどんどん挑戦して、自分を売り込める強みを身につけていってほしいなと思います。専門医等の資格取得はもちろんですが、例えば少しでも海外ボランティアなどの活動に興味があるなら、若いうちに時間を作って、1週間でもいいから参加してみてほしいです。行ってみると、そこでしか得られないものを体験できますし、その体験で得たものを仕事に還元することもきっとできますから。専門以外の領域での経験や、回り道と思えることが後で役に立つこともあります。自分が働きやすい職場環境を自分が作っていくんだという気持ちをもって、様々な経験をしてほしいなと思います。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら