専門家に聞いてみよう―
自身の考え方を変える(前編)

男以上に男っぽい働き方から妊娠を契機に考え方が変わった

――先生は、研修医のころからタイム・マネジメントについて意識していたのでしょうか?

吉田(以下、吉):
いいえ、ほとんど考えていませんでした。研修医として働き始めたころは、「仕事さえ頑張っていればそれでいい」という環境で、朝から晩まで病院に缶詰、休みは月に3日ぐらい…という生活をしていました。男性社会の中で、「男以上に男っぽい」という気分で働いていましたが、結婚して子どもができたときに、意識がガラッと変わりました。
私は産婦人科医なので、子どもを産む時期についてはすごく意識していました。けれど早く産みたいと思って妊娠したら最後、職場での評価がすごく下がってしまったように感じたんです。誰かに代わりに仕事を頼まなければ回らない、当直も休日出勤もできない…となった途端に、罰を受けたような気持ちになって。現場にいられないだけで信頼が得られなくなることにすごく憤りを感じたんです。「こんなはずじゃないのに!」と苦しくて仕方がありませんでした。そこから必死で、「何をしたらうまくいくだろう」と考えるようになりました。留学したのも、その憤りが原動力になったんだと思います。
ただ、周囲にロールモデルになるような女性医師がいなかったこともあり、どんな働き方をすればいいのか、かなり試行錯誤しました。私はドイツで第一子を出産したのですが、ドイツでは子どもを持つ女性医師もいきいきと楽しく仕事をしていました。「子どもを産むのはいいことだ」「子どもを産むことで、人間としてレベルアップする」という考え方が社会全体に行き渡っていることにとても感銘を受け、帰国してからそのことをみんなに伝えたいと思って活動し始めました。医師だけでなく他のビジネスに携わる女性のあり方も積極的に学ぼうと、タイム・マネジメントやモチベーション・マネジメント、コーチングなどの本を読み、できるだけ取り入れていくようになったのもこの頃だったと思います。

他の人に仕事を任せることを前向きに捉えるようになった

――考え方の転換のポイントになったのは、どのような点だったのでしょうか。

吉:「人の力を借りるということは悪いことではない」と思えるようになったことでしょうか。もともと私たちって、人に頼ることにすごく抵抗を感じるように育てられてきた気がするんです。この前イベントで講演したときも、18歳の女子大生が「人に助けてと言えない、自分だけで抱え込んでしまう」と言っていました。でも、例えば私がやったら5時間かかることが、人に頼んだら5分でできることもあります。そういうときに、それを得意な人に任せて、自分は自分の得意なところだけに注力することも、タイム・マネジメントの方法のひとつだと思うんです。人にお願いするということは、弱さでも甘えでも、負けでもない。頼むことは信頼と承認の証なので、相手の自己肯定感を高めることにもつながるんです。これは、東日本大震災の支援でもキーワードとして出てきた「受援力」、人に援助を求め、サポートを受ける力にもつながることだと思います。

――子育て中の女性医師だけではなく、男性でも活かせる考え方ですね。

吉:はい。男性にとっても女性にとっても、「任せる」ということは技術のひとつなんですよね。スティーブン・R・コヴィー博士の『7つの習慣』という本にもありましたが、人はどうしても目の前のことばかりに気を取られてしまいます。特に医師には、目の前の課題ばかり解消しようとしてしまう人が多いと思うんです。急患が出たとか、急ぎで書類を作らなければならないとか、そういう仕事は確かに重要で緊急なことなんですが、人に任せられる場合も多いです。むしろ、今すぐにしなくてもいいけれど重要なことにこそ、自分にしかできないことがあり、それが長い目で見て自身の成長につながることも多い。だから、感謝の気持ちを表した上で人に頼み、自分にしかできない、長期的に重要な課題に取り組むことが、自身の今後のあり方には大きく影響してくると思うんです。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら