日本医師会生涯教育制度(前編)

医師になってからも、
常に主体的に学び続けるための制度があります。

医師の専門性と生涯教育の必要性

小森理事

医学生のみなさんには、現在自分が大学に所属して体系的な教育を受けていることは、当たり前のことのように感じられることと思います。しかし、ひとたび大学を卒業し、臨床の現場に出たらどうでしょう。医療・医学は常に進歩していきますが、新しい知識や技能を身につける機会は、学生の頃に比べると極端に減ってしまうでしょう。学会の専門医を取得するために学んだり、病院などで開かれる勉強会に参加したりするという方法もありますが、働き方によっては、必ずしもそのような手段をとれるとは限りません。医師として働き始めてしまうと、学生の頃のように、自分から何もしなくても学習の機会が向こうからやってくるという状況ではなくなってしまうのです。

しかし、医師であるからにはまず専門職としての能力をきちんともつ必要がありますし、最新の知識と技能を修得するために生涯にわたって学習を続けることは必要不可欠です。また、医師に対する患者の信頼を高く維持するためにも、医師が常に学び続ける姿勢を示すことが必要でしょう。

このような背景を踏まえて、日本医師会では、医師のみなさんが生涯学習を効果的に行えるよう、生涯教育制度を設けています。本制度は昭和62年に発足し、今日に至るまで数回の制度改定を行い、質の向上と内容の充実を図っています。中心にある理念はプロフェッショナルオートノミー、すなわち医師が専門職として自らを律するという考え方です。

日本医師会生涯教育制度

日本医師会生涯教育制度の目的は、医師の研修意欲をよりいっそう啓発すること、また、医師が勉強に励んでいる実態を社会に対して示し、国民からの信頼を高めることです。

制度に参加する医師は、連続した3年間に、本制度が定める単位とカリキュラムコードを合計60以上取得することで、「日医生涯教育認定証」が発行されます。1単位は1時間以上の学習に相当し、30分0.5単位から取得できます。カリキュラムコードについては、日本医師会生涯教育カリキュラム〈2009〉に基づき、84のカリキュラムコードが設定されています(表)。

 

CC

単位やカリキュラムコードを取得する手段としては、日本医師会e-ラーニングでの学習のほか、日本医師会雑誌に掲載される問題への解答や、講習会・講演会・ワークショップ・学会等への参加など様々なものがあります。このように日本医師会は、いつどこにいても、学びたいと思ったらすぐに学習できるような機会を整えているのです。



「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら