10年目のカルテ

命の責任を負う者として
知識と技術に裏付けられた強さを持っていたい

【麻酔科】宮本 真紀医師
(岐阜市民病院 麻酔科)-(前編)

「命の橋渡し」をする麻酔

宮本医師

――初期研修のころから麻酔科を目指していたんですか?

宮本(以下、宮):いえ、はじめは消化器内科をイメージしていました。ただ、ローテーションで様々な科のがん患者さんを診るうちに、緩和医療に興味を持つようになりました。そんな中、ちょうど「今日からお願いします」と麻酔科に挨拶に行った日に、腹部大動脈瘤破裂の患者さんの緊急手術があったんです。すぐに麻酔の手伝いに入って、何もできないながらも麻酔の過程を一通り見て、命が助かっていくのを目の当たりにしました。最終的にはその方はフルリカバリーして、何の障害もなく退院されていったのですが、手術麻酔には命の橋渡しのような側面があるということにカルチャーショックを受けましたね。入眠させて覚醒させて…というと簡単なようですが、実は危ない橋を渡るための生命線を守っているという感じがして、さらに興味がわきました。緩和と麻酔って、一見すごく離れたところにあるんですが、それが混在しているのも面白いなと。

――術中は、外科医は複数人いても、麻酔科医は一人という場合が多いですよね。

宮:はい。専門医は一人で麻酔をすることが多いため、判断も一人で行うことが多くなります。何か判断に迷った時にはとにかく安全を最優先にして動くようにしています。安全が保証できない場合や、リスクがある場合は、手術内容や手術の時期を再検討していただくように外科サイドに提案することもあります。命を守る責任を負うという意味で、麻酔科医はより多くの症例を経験し、自信を持って治療法を選択するために、常に新しい知識や技術を習得する必要があると感じています。

宮本医師1WEEK
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら