10年目のカルテ

患者さんと会話しながらじっくり痛みに向き合える
ペインクリニックで働く

【麻酔科】藤原 亜紀医師
(奈良県立医科大学附属病院 麻酔科)-(前編)

手術麻酔からペイン専従へ

藤原医師

――いつごろから麻酔科に進むことを希望していたのでしょうか?

藤原(以下、藤):大学5〜6年の病院実習で、各診療科を回ったときでした。ちょうど私が見学させてもらったのが心臓外科の手術で、麻酔のプランニングや輸血のタイミングなどを麻酔科の女性の先生が中心になってやっているのを見て、「かっこいいな」と思ったのがきっかけでした。

麻酔科に入局して、はじめに経験させてもらったのは全身麻酔です。整形外科や耳鼻科など基礎疾患のない患者さんの全身麻酔のみの手術に入り、上の先生に指導してもらいながら一緒に麻酔をかけます。それができるようになったら硬膜外麻酔などの局所麻酔併用の全身麻酔を経験し、さらに脳神経外科・呼吸器外科・心臓外科などの手術に入ってより複雑な麻酔を行うようになります。これらがひと通りできるようになるのに丸2年ぐらいかかります。

約2年で麻酔科標榜医の資格を取得することができ、さらにその後にペインや集中治療、緩和といったスペシャリティを身につけていきます。

――様々なスペシャリティがある中で、ペインクリニックを専門にしようと思ったのはなぜですか?

藤:手術麻酔だと、手術中ずっと患者さんを診ているものの、患者さん側に意識がないことも多いです。何年か麻酔を経験してみて、私はもうちょっと意識のある患者さんと、コミュニケーションをとりながら治療をしていきたいなと感じたんです。そこでペインクリニックを選ぶことにしました。

藤原医師1WEEk
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら