10年目のカルテ

地域で幅広く、たくさんの患者さんを助けたい

【消化器内科】長島 多聞医師 (西群馬病院)-(前編)

治療を任された経験から

長島先生

――消化器内科に進むことは、早くから決めていたのですか?

長島(以下、長):初期研修を始めた時点では、内科に限らず広く興味があって、何科に進むか迷っていました。ただ、専門分野を絞ってそれを突き詰めるというより、病院にやってくる様々な患者さんを幅広く診られる医師になりたいという思いはあったように思います。目の前の患者さんをどうにかして助けたという実感が持てるという理由で、救急に惹かれていたこともありました。

――転機はどこにあったのでしょうか。

長:浅間総合病院で働いていた初期研修2年目頃、たまたま消化器内科に肝臓を診る医師が在籍しておらず、肝炎などの治療の大部分を自分が任されるという機会がありました。このときの経験がきっかけになって、消化器内科を志すようになったんです。まだ経験の浅い時期であったにも関わらず、責任を持って患者さんを引き受けなければならない立場に立たせてもらえたことで、助けを必要としている患者さんの姿を、自分のなかでくっきりと描くことができたのだと思います。そして、ここにいる患者さんを助けるために、消化器内科という分野で専門性を身につけるのもいいのかもしれないと考えました。

後期研修では引き続き浅間総合病院に勤務し、一部の患者さんの主治医を担当させてもらいました。もちろん問題があれば上級医に軌道修正してもらえますが、基本的に、治療の大枠は自分が提案します。初期研修の頃よりさらに責任ある立場で患者さんと接するうちに、消化器内科医として技術を身につけなければならないのはもちろんのこと、いずれは全身を診ることのできる医師になりたいという思いを強くしました。

そして、群馬大学の第一内科に入局し、専門分野として肝臓を選びました。消化器内科医として、消化管だけでなく肝臓の治療ができなければならないと思ったほか、肝臓という高機能な臓器に詳しくなれば、全身についての知識も増やすことができると考えたためです。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら