Information Autumn, 2015

電子書籍サービス「日医Lib」で、ドクタラーゼの
バックナンバーが読めるようになりました!

●日医Libとは 日本医師会はその時々のスタンダードな医療情報を、会員を中心とする医師に提供しています。その取り組みの一環として、2014年12月、電子書籍サービス「日医Lib」(日本医師会e-Library)の提供を開始しました。
●日医Libの特徴 日医Libアプリ(iOS版・Android版・Windows版・Mac版)をスマートフォンやタブレット、PCにインストールすることで、日医が配信する電子書籍をダウンロードしてご覧いただけます。日医雑誌をはじめ、日本医師会が所有するコンテンツを中心に取り扱っており、今後も医学・医療に関するコンテンツを充実させていく予定です。
日医Libは医療従事者・学術研究者・医学生にとって便利な機能を数多く備えています。ハイライトやメモ、しおりをつけ、それらを日医Libに登録している3台の機器間で同期することが可能です。さらにiOS版には、TwitterやFacebookに投稿できるソーシャル機能、共有登録したメンバー間でハイライトやメモ等を共有できるグループ共有機能が備わっており、他の医師との情報共有や議論に活用できます。
このたび、日医Libにてドクタラーゼのバックナンバーがご覧いただけるようになりました!
ぜひ日医Libアプリをダウンロードし、読書や議論に活用してみてください。
URL:http://jmalib.med.or.jp/

 

地域医療のエキスパートの話を聞きに来ませんか
第4回「日本医師会 赤ひげ大賞」
表彰式・レセプション 参加者募集

都市・郊外・地方・離島など、状況や課題が異なるそれぞれの地域において、多くの医師が住民の健やかな生活を支えるため、奮闘しています。日本医師会と産経新聞社では現代の「赤ひげ先生」とも呼ぶべきそれらの医師たちの、情熱的で、思いやりと創意工夫に満ちた活動にスポットを当てるため、「日本医師会 赤ひげ大賞」を設立しました(特別協賛:ジャパンワクチン株式会社)。
第4回となる今回も全国から5名の赤ひげ先生が選ばれ、帝国ホテルで表彰式を行います。その中では、表彰される先生方に、日頃の取り組みや地域医療に長年携わってきた思いを語っていただくとともに、VTRにて実際の活動の様子も紹介します。 将来、地域医療に携わりたいと願っている方は、ぜひ、この貴重な先輩方の話を聞きに来てください。
【開催概要】
日程:平成28年1月29日(金)
時間(予定):17:00~表彰式、18:00~レセプション
会場:帝国ホテル 東京
【応募方法】
大学名・学年・氏名・性別を明記のうえ、下記アドレスまでご応募ください。定員20名が集まり次第、締め切りとなります。参加者には後日、メールにて詳細をご連絡いたします。
Mail:present[a]po.med.or.jp([a]を@に変えてください)
【問い合わせ先】
日本医師会広報・情報課
03-3942-6483(直)

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら