ケース・スタディ 滋賀県東近江市永源寺地区②
認知症の人の暮らしの実際(前編)

ここでは、永源寺地区で暮らす認知機能の低下したお年寄りの 実際の生活を、花戸先生の訪問診療の様子を通して見ていきます。

読書が好きな89歳のおばあさん

Aさんは、永源寺地区の中心部から山間部へ車で30分ほど行った山深い地域に住む89歳の女性。昼間はデイサービスに通いながら、知的障害のある息子さんと二人で暮らしている。花戸先生の診療記録にも「認知症疑い」と記載されており、この日も先生の帰り際に、「最近なんでも忘れてしまう」「財布とかハンコとか、すぐにどこに行ったかわからなくなるんで、必ず同じ所に置くようにしてるんですわ」と笑いながらこぼしていた。そんなAさんの趣味は読書。家の玄関前には図書館の貸出用の袋があり、昔から読書が好きだったのだと花戸先生が教えてくれた。

Aさんは1年半前に心筋梗塞で入院したが、退院後は自宅に戻ってそれまで通りに生活していた。しかし1年前、近所の人から花戸先生に、「Aさんがごはんを食べていないようだ」と連絡が入る。心臓にまた問題が起きたかと検査をしたが、異常はなかった。どういうことなのかとよく話を聞いてみると、Aさんはごはんを食べられなくなったわけではないことがわかった。買い物を任せている息子さんが、ビールや酒のつまみしか買ってこず、家にAさんが食べられるようなものがなかったのだ。

それを機に、花戸先生はAさんの訪問診療を始めた。近所の人は、時々ならAさんの分もごはんを作って、家まで運んでくれると言う。それで足りない分は、介護保険の申請をして、ヘルパーさんを呼んで料理をしてもらうことになった。デイサービスにも通い始め、薬がちゃんと飲めるように薬剤師の大石さんの訪問薬剤管理指導も行うことになった。

Aさんは今でも、デイサービスの準備を自分でしている。「この間は、靴下を履いていてどうも片方が見つからん。どこに置いたかなあと探していたら、片足に両方とも履いとって、あーボケてもうたなーって」と笑う。少しできないこともあるが、好きな読書を楽しみながら、Aさんは自宅での生活を続けている。

 

(写真左)玄関前は急な石段。足腰が弱ってくると、ここを上り下りするだけでも大変になる。
(写真右下)ちゃぶ台には図書館で借りた文庫本と老眼鏡が置かれていた。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら