夫婦二人三脚で
離島の6千人の健康を支える
~白石裕子・吉彦ご夫妻~(前編)

松本先生
今回は、4人のお子さんを育てながら、共に島根県隠岐諸島のへき地医療を担う、白石裕子・吉彦ご夫妻にお話を伺いました。

互いの義務年限をシェアする

鹿島(以下、鹿):白石ご夫妻は、島根県隠岐諸島の島前地区(西ノ島町・海士町・知夫村)で、約6千人の住民の健康をお二人で支えていらっしゃいます。お二人とも自治医科大学ご出身とのことで、出身都道府県の地域医療に従事する義務年限があったかと思いますが、お二人とも島根のご出身なのですか?

白石裕子(以下、裕):いえ、私は島根ですが、夫は徳島です。夫は二つ先輩で、私が大学を卒業する時には、先に徳島に戻って働いていました。

白石吉彦(以下、吉):当時、自治医大で出会ったカップルは、卒業後それぞれ故郷に戻り、9年の義務年限の間は別々に過ごすというケースも多かったようです。ただ僕たちの場合は、先に医師になった僕が、双方の県と大学に掛け合って、二人の義務年限をシェアできないかと交渉しました。まずは一人あたり4年半以上徳島で働き、その後島根で同様に働くことで、互いの義務年限を消化させてほしいと話をつけたのです。

:同級生や下級生の医学生たちは皆、私たちの交渉の行方がどうなるか、そわそわしながら見ていました(笑)。幸い私たちは成功例となり、その甲斐あってか、現在では「結婚協定」という制度が作られ、配偶者の出身地で義務年限を消化することが認められるようになったそうです。

鹿:お二人は、互いの義務年限をシェアするパイオニアであり、モデルケースというわけですね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら