case study 大腿骨頸部骨折の場合(前編)

事例2 77歳女性、一人暮らし。高血圧で降圧剤を内服中

日中、自宅近くのスーパーで買い物中に転倒し、大腿骨頸部を骨折して大学病院に緊急搬送された。レントゲン検査を実施して、Garden分類でStageⅢ(転移型)と診断された。即日入院し、翌日、全身麻酔下で人工骨頭挿入術が行われた。

術後1日目から座位保持訓練や車椅子移乗訓練、2日目から歩行訓練を開始。杖を使った歩行が可能になる。

3週間の入院期間を経て、介護付き有料老人ホームに入所した。

 

 

 

お話を聞いた人

厚生労働省 保険局医療課

中谷 祐貴子先生

 

 

質問した学生

滋賀医科大学5年

坂井 有里枝

 

 

質問した学生

滋賀医科大学4年

木藤 寛敬

 

 

 

中谷先生:本症例も、搬送された医療機関がDPC/PDPS対象病院であったと想定して診療報酬を計算してみましょう。入院料や検査料、画像診断料などは包括評価に入りますが、手術料や麻酔料、術中に使用した薬剤料といった部分は包括評価ではなく出来高評価で計算します。

坂井:今回の事例では、大腿骨頸部骨折で、人工骨頭挿入術を行っていますね。「傷病名:股関節・大腿近位の骨折」「手術名:人工骨頭挿入術」の場合、入院期間12日目までは1日あたり2,462点、13日目から24日目までは1,820点で計算すると定められています。

木藤:次に、出来高評価部分を計算してみます。今回の場合の人工骨頭挿入術は、19,500点と設定されています。また麻酔料は、今回は「マスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔」を行ったと考えて、6,000点と計算します。それに、リハビリテーション料も出来高評価に入ってきますよね。

中谷先生:はい。また、手術料や処置料だけでなく、手術で使用した材料費や薬剤費も出来高評価で計算します。今回の場合、人工骨頭などの特定保険医療材料や、麻酔薬の費用も計上する必要がありますね。

(クリックで拡大)

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら