看護師(緩和ケア・急性期)【前編】(1)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療のパートナーとして看護師と関わることになるでしょう。本連載では、22号より、様々なチームで働く看護師の仕事をシリーズで紹介しています。今回は、東京逓信病院の皮膚・排泄ケア認定看護師、宮本乃ぞみさんと秡川恵子さんにお話を伺いました。

 認定看護師制度は日本看護協会によって1995年に始められ、現在は21分野が定められています。「皮膚・排泄ケア(Wound・Ostomy・Continence, WOC)」は、最も早く認定看護師の養成が始まった分野の一つです。

 今回は、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCナース)の仕事を、前編・後編に分けてお伝えします。前編は、WOCナースの資格と業務内容を取り上げます。後編は、認定看護師としての業務内容に限らず、皮膚・排泄ケアの重要性や、患者との関わりについて取り上げます。

皮膚・排泄ケアとは

先生

――初めに、「皮膚・排泄ケア」とは何を意味するのか、簡単に教えていただけますか。

秡川(以下、秡):はい。まず、WOCナースの歴史からお話しします。かつて、WOCナースの前身として、ETナースという資格がありました。ETナースはストーマ*1保有者を専門的にケアする看護師のことです。

ストーマの周囲の皮膚は、排泄物や消化液によって皮膚障害が生じることが多く、ETナースは必然的に、高い皮膚ケア技術を身につけることになりました。その知見は褥瘡などの創傷ケアにも応用できることがわかってきて、ETナースの業務内容は広がりました。その結果「創傷・オストミー・失禁看護」という専門分野が確立し、一般にもわかりやすい「皮膚・排泄ケア」という呼称で定着しました。

――お二人が皮膚・排泄ケア認定看護師になろうと思ったきっかけを教えてください。

宮本(以下、宮):私の場合、実際にETナースによるケアを見たことがきっかけです。私は以前泌尿器科の病棟で、ストーマを造設した患者さんのケアをすることがあったのですが、私が関わると漏れやかぶれが生じてしまうのに、ETナースの資格を持つ先輩がケアをすると漏れず、患者さんも安心して過ごされていて。看護師のケア一つで、患者さんの生活が大きく変わると実感し、「先輩のような技術を提供できるようになりたい」と考えるようになりました。

:私も、宮本さんと同じような理由で資格取得を目指しました。ストーマは、造設の時こそ医師が中心的に関わりますが、造設後のケアは看護師の判断に委ねられることが多くなります。看護師の判断が、患者さんのその後の人生に大きく影響を与えることを痛感したんです。

また、ちょうどその頃、私は看護師という職種の専門性について悩んでいました。看護師の一つひとつの業務は、どうしても補助的だとか、専門性がなくてもできそうに見られがちで、医師からも患者さんからも、単なるお手伝いさんのように思われることもありました。そのたびに「私たちはれっきとした専門職なのに」と思う一方、看護師の専門性を、他職種や患者さんに端的に説明するのは難しかった。そんな私にとって、「科学的根拠に基づいて質の高いケアを提供する」という認定看護師の資格は、とても魅力的でした。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら