レジデントロード

【脳神経外科】片貝 武先生
(弘前大学大学院医学研究科 脳神経外科学講座)-(前編)

――片貝先生はなぜ脳神経外科を選ばれたのですか?

片貝先生

片貝(以下、片):もともと脳や神経に興味があって、脳神経外科・整形外科・精神科などに進むことを考えていました。臨床実習で「手を動かす」ところに魅力を感じ、外科系の脳神経外科と整形外科に絞りました。最終的に脳神経外科を選んだ理由は、青森県に脳卒中の患者さんが多いからです。弘前出身で、青森県の医療に貢献したいと思っていた私にとって、脳卒中を診られることは重要だと考えました。また実習中、脳卒中で運ばれてくる患者さんと家族を見ていて、「さっきまで元気だった人が突然意識を失ってそのまま亡くなることは、家族にとって非常に受け入れがたいことだ」と痛感し、何か力になりたいと考えたことも理由の一つです。

――卒業後、臨床研修はどちらの病院へ行かれましたか?

:青森市民病院です。2年目には、必修科を回る期間を除いて、8か月間ずっと脳神経外科を回りました。比較的簡単な手術では執刀も経験できました。最初に執刀したのは、慢性硬膜下血腫の手術です。頭蓋骨に1円玉くらいの大きさの穴をあけて血を吸い出すもので、おそらくどこの施設でも、若手が最初に任される手術だと思います。

――専門研修中はどのように手技を身につけていくのですか?

:最初は、主に硬膜の外側を扱う手術から始めます。次に、動脈瘤のクリッピングや脳腫瘍摘出手術の開閉頭を任され、徐々に脳の深い部分を扱う手技を身につけます。私の場合、慢性硬膜下血腫の手術の後は、水頭症の脳室ドレナージ術とシャント手術、頭蓋形成術を経験しました。その後、血管障害や腫瘍の手術の開閉頭を経て、浅側頭動脈―中大脳動脈バイパス術を執刀させていただきました。

先日は、クリッピング術を「できるところまで」と任せていただけましたが、途中で手間取って上級医に交代となり、非常に悔しい思いをしました。クリッピング術を交代せずにできるようになることが今年の課題です。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら