医師国家試験ができるまで(前編)

国家試験の制度や内容を定期的に見直し、改善していくための仕組みがあります。

医師の質を国民に担保する

ここまで紹介してきたように、医師養成の過程には様々なステップが設けられていますが、その中でも、医師国家試験は社会的に大きな意味を持ちます。医師免許を取得すれば、人体に侵襲を加えうる医行為を合法的に行うことができるようになるわけですから、国家試験は、医師に最低限必要な知識・技能を、国民に対して担保するものでなければなりません。そのため、医師国家試験の作成には多くの人が関わり、常に最適な形で試験を行えるよう、試行錯誤を重ねています。

 

全国医学部長病院長会議:
検討材料の提供

国試の流れ1

医師国家試験に関するアンケート調査

全国医学部長病院長会議は、毎年「医師国家試験に関するアンケート調査」を独自に行い、今後の医師国家試験の改善のためにその内容を分析しています。
2013年度に第108回医師国家試験について行われたアンケートは、10大学の学生と、80大学の教員が対象でした。また、同時にワーキンググループのメンバーにより、医師国家試験の問題全500問の質の評価も行われています。
全国医学部長病院長会議は、このアンケートの結果に基づき、厚生労働省などに要望書を提出しています(表1)。

アンケート

2013年度、学生向けのアンケートは全17項目について実施されました。国家試験の質やボリュームを問う質問のほか、大学での学習内容との整合性について、また国家試験は医学生の不安をあおっていると思うかについて問うものもありました。

表1 「医師国家試験に関する要望書」(2014年8月1日公表)内容

1 試験に関する情報公開、受験環境の整備を引き続きお願いする。
2 難易度の高い専門医レベルの問題は排除し、臨床実習の成果を問う良質な問題の出題に尽力いただきたい。
3 難易度の高い問題および必修問題で正解率の低い問題は採点から除外するなど、受験生の不利にならない適切な処置を引き続き講じていただきたい。
4 全国医学部長病院長会議が公表した「医師養成の検証と改革実現のためのグランドデザイン:地域医療崩壊と医療のグローバル化の中で」を参考に、医師国家試験の改革に関して、関係機関で検討を続けていただきたい。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら