10年目のカルテ

自分が出来ることを見極め、周囲と協力しながら

【精神神経科】柳田 誠医師 (大阪市立総合医療センター)-(前編)

救急科から精神科へ

柳田先生

――一般の大学を卒業後に医学部に入られたそうですね。

柳田(以下、柳):はい。一般大学で中枢神経の発生について学ぶ機会を得ましたが、やはり直接人と関わる仕事がしたいと思い、医学部に入り直しました。

――臨床研修で、精神科医療に強い当時の国立精神・神経センター国府台病院を選んだのは、はじめから精神科を意識されていたからですか。

柳:はい。精神科医である兄の影響や、神経系への関心などもあり、精神科には興味を持っていました。しかし研修を進めるうちに、身体の合併症のない方は少ないのではないかと感じるようになりました。また、身体と精神の状態は互いに影響し合っているという心身相関の考えを心療内科の先生方に教えていただきました。国府台病院の精神科には、外科・救急科・消化器内科などの診療経験を持ち、精神科の治療をしながら身体疾患に対応される先生もいらしたのです。その中で、僕も身体疾患について勉強しなければと思うようになりました。

――それで、後期研修では救命救急センターに行ったのですね。

柳:はい。千里救命救急センターではドクターカーに乗るなど、貴重な体験をしました。その後、大阪府立急性期・総合医療センターの救急診療科で、1年と短い期間ですが手厚い指導をしていただきました。しかし、やはり精神疾患についてより深く知りたいと思い、同じ病院で精神科に異動させてもらったのです。

――それからはずっと急性期総合病院の精神科で経験を積んでこられたのですね。

柳:はい。精神科の急性期では、頭部外傷や代謝疾患、免疫疾患などの器質性精神障害を含めた診療をすることになります。精神科を受診する入口の患者さん・家族に出会うことも多いので、言うなれば精神科におけるプライマリ・ケアといった感じなのかなと思います。
頭部外傷などの後に高次脳機能障害を生じることは、本人にとってつらい経験なのはもちろん、家族にも負担がかかるので、家族へのサポートも重要です。ただ、急性期では長期の入院が難しいため、時間をかけて治療する必要がある患者さんは単科の精神科専門病院に紹介することになります。総合病院では長期間診ることができないからこそ、どこまで自分ができて、どこから単科の先生に頼らなければならないのかを見極めることが重要だと考えています。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら