医学生 × MR 同世代のリアリティー

MRと医師の関係 編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「MRと医師の関係」をテーマに、MR3名(社A・B・C)と医学生3名(医D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『MRと医師の関係』

医学生のみなさんは、実習先の病院などでMRの姿を目にすることがしばしばあるのではないでしょうか。彼らはどんな思いで医療に関わっているのか、医学生が話を聞きました。

MRってどんな人たち?

医D:MRさんは、医師として働き出したら身近な存在だと思うのですが、学生としてはどんな人たちなのかわからないので、今日は楽しみにして来ました。みなさんは、どうしてMRになろうと思ったんですか?

社A:僕は、医療ドラマなどを見ていて、漠然と医療と関わる仕事をしたいと思っていたんです。就活の時期に自分の進路について考えたときに、今から医師になるのは難しくても、医療機器メーカーや製薬会社に入れば、医師をサポートする仕事ができるんじゃないかなと思って。それでMRを志望しました。

社B:僕はもともとはMR志望ではなく、自社の別製品の営業を志望していました。製薬会社といっても薬だけ作っている会社ばかりではなくて、他の製品も手掛けているところも多いんですよ。でも就職の面接のときに、MRとしてなら入ってほしいと言われて、それならMRもいいかな、と思ったんです。だからそれまでは、MRが具体的に何をしているのか、実はよく知らなかったですね。

社C:私も、就活の時点でMRになると決めていたわけではありませんでした。私の会社は複数の職種をまとめて募集していて、実際の職種は入社してから決まることになっていたんです。私は今入社2年目ですが、むしろ働き出してから、MRの仕事のやりがい、おもしろさが見えてきたなと思っています。

医E:MRというと薬学部のイメージがありますが、そういうわけでもないんでしょうか。

社A:薬学部出身者も一定数いますが、文系卒でMRになる人も少なくないです。僕もそうですね。

医F:文系からMRになるのって大変じゃないかと思うのですが、どんな勉強をするんですか?

社C:MRには認定試験があって、大抵のMRは、入社1年目に試験を受けます。試験に合格してから実務を6か月経験すると、認定証がもらえます。認定証がないと働けないわけでもないのですが、病院によっては認定証を持っている人しか入れないところもあります。

試験は、「医薬品情報」、「疾病と治療」、あとは「医薬概論」という法律関係の内容に分かれていて、MRになることが決まったら、まずはその勉強から始めます。薬学部出身の人は、医薬品や疾患についてはすでに学んできているので、「医薬概論」以外は免除になります。

製薬会社と医療機関をつなぐ

社C:医学生のみなさんは、実際のところMRにどんなイメージがありますか?

医F:僕は今ポリクリの最中なので、MRさんは病院でよく見かけます。暑い時も寒い時も、いつもスーツ姿で医師を待っていて大変そうだな、と思います。

あとは、医局のミーティングや製薬会社が行う講演会で、薬の説明をしているのは知っています。一度講演会に行ったことがあるんですけど、すごくおもしろかったのを覚えています。

医D:私は、授業で外科の手術を見学しに行ったとき、お昼休みにやっていた新薬説明会でお弁当をもらったので、MRさんというとお弁当のイメージがあるかもしれないです(笑)。

社A:学生さんから見える部分はそのくらいですよね。MRは正式にはMedical Representative、医薬情報担当者という名前がついています。大きく言うと、医師・医療機関と製薬会社の間をつないで、薬がよりよく活用されるようにすることがMRの使命なのかなと思います。

日々の仕事としては、病院や診療所を訪問して、先生方に自社の薬の情報提供をするのが主な業務です。営業をするというだけでなく、薬の品質や有効性、安全性について、正確な情報を先生にお伝えします。大抵の場合、病院か診療所のどちらかを主として回ることになっていて、一人70~80程度の医療機関を担当しています。一日に回るのは多くて10件程度ですね。

先ほど話に出たような薬の説明会も開いていて、その企画運営も僕たちの仕事です。先生方に薬についてお伝えするだけでなく、看護師さんを対象に、院内感染対策の勉強会などを行うこともあります。

社B:あとは、薬が実際の医療現場でどんなときに効果を発揮するのか明らかにすることなどによって、今後の薬の開発につなげることもMRの役割です。MRと先生方のコミュニケーションは決して一方通行のものではなくて、先生方から薬に関するフィードバックをいただいて、会社に届けるのも僕たちの仕事なんです。具体的には、使っていただいた薬についてどんな効果や副作用があったのか、先生方の声を会社に伝えています。僕の会社には専用の書式があって、毎月報告書を提出することになっています。だいたい月に10件くらい報告していますね。

同世代


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら