やりたいことの近くにいれば、
何歳からでも新たなスタートを切れる
~消化器内科医 鴨川 由美子先生~(前編)

鴨川先生
今回は、国内外と連携を取りながら、途上国でのヘリコバクター・ピロリの除菌活動に携わる、鴨川由美子先生にお話を伺いました。

研究と臨床の間で悩んだ日々

伊藤(以下、伊):鴨川先生は、消化器内科で臨床医として働いたのち、基礎研究のための海外留学、海外の研究所での勤務を経て、その後は一転、国境なき医師団やWHOなどで途上国の医療に携わるという、非常に多彩な経歴をお持ちです。まず、基礎研究の道に進まれた理由を教えていただけますか。

鴨川(以下、鴨):最初のきっかけは、消化器内科でB型肝炎の患者さんを多く診るうち、免疫に興味を持つようになったことでした。イェール大学時代はCellに論文を掲載する機会も頂きましたし、その後もアメリカのディナックス研究所をはじめ、東京大学医科学研究所や民間の研究所など、様々なところで基礎研究に携わっていたのですが、「また臨床医として働きたい」という気持ちも残っていました。

:研究と臨床、どちらを選ぶか常に迷ってこられたのですね。

:はい。そうして基礎研究を続けるうち、この辺は理学博士に任せるべきかなと感じる機会が多々ありました。私は医師ですので、疾患や身体全体のことについて考えるのは得意です。しかし、基礎科学系の深い知識を持って、理論を細かく詰めていくことについては、理学博士の方々には素晴らしいものがありました。基礎研究者として成功している医師の中で、臨床も同時にやっているという方は数少ないと思います。抗体医薬の手がかりがつかめたところで、いつしか私は「医師として研究でやれることはやりきった」と感じるようになりました。

:そんな折に、オーストリア人の御夫君の帰国が決まりました。

:ええ。夫は企業勤務で長く日本に赴任していたのですが、仕事の都合で故郷のウィーンに帰ることになったのです。私も、「ここで一度、人生の仕切り直しがしたい」と思い、夫と共にウィーンに渡りました。幸い、当時籍を置いていた研究所は、サバティカル(長期休暇)という形でポジションを確保してくれました。ウィーンで日本よりも少しのんびりとした時間を過ごすうち、やはり臨床に戻りたいという気持ちがふつふつと湧いてきたのです。

学生時代の夢を叶えるために

:そこから先生は、途上国での医療の道へ進まれました。臨床に戻ろうと考えたなら、消化器内科に戻るのが一般的かと思うのですが、なぜ途上国への道を思い立たれたのでしょうか。

:サバティカル中に自分の今後について考えるうち、学生時代に抱いていた三つの夢を思い出したんです。一つは臨床医として診療すること。一つは研究をすること。そしてもう一つが、途上国の医療に貢献すること。私は働き始めてから、三つ目をすっかり忘れていました。じゃあ、この機会に途上国に行こうと思ったんです。

:それでまず感染症の専門家養成セミナーを受講されたとのことですが、このセミナーはどうやって見つけたのですか?

:日本に一時帰国した際、レストランでたまたま昔の上司に会ったのです。名刺交換をすると、奇遇にもその方は国立国際医療センター病院・国際感染症センターの指導者をしていらして。すぐにメールをお送りし、紹介していただいたセミナーで公衆衛生やインフラ整備などを含めた途上国医療の手法を学んだ後、国境なき医師団に参加しました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら