10年目のカルテ

制度に働きかけることで
日本の医療を守りより良くしていきたい

【医系技官】櫻本 恭司医師
(厚生労働省 医政局 医事課)-(前編)

医系技官の仕事

原田先生

――櫻本先生の現在のお仕事について教えてください。

櫻本(以下、櫻):私たち厚生労働省の医系技官の主な仕事は、医療制度に関する政策を立案・改正・維持することです。現状と課題を分析し、最新の知見や学術論文などの資料を基に政策の草案を考え、国会や他の省庁、医療従事者、患者団体、企業といった関係者に働きかけます。政策のビジョンを描くところから、具体的な法律へと落とし込むところまで、法律や制度のスペシャリストである国家総合職の職員と対等な立場で仕事をしています。

私の今の担当分野は、医師臨床研修・専門医・医師の偏在対策・女性医師支援・英語による医師国家試験*1などです。

――入省してから今まで、どんなお仕事をされましたか?

:医系技官は数年単位で異動があるため、とても幅広い業務を経験してきました。最初の業務は新型インフルエンザ対策でした。入省して業務が始まったちょうどその日に新型インフルエンザ発生の一報が入り、24時間体制の勤務が始まりました。WHOからの情報や関連する学術論文を読み込みつつ、日々変化する状況に対応するのは、やりがいがあると同時にとても大変でした。ワクチンの量が限られるなか、学会と連携しながら接種の優先順位を決める業務は、とりわけ緊迫感がありました。

その後は、Hibワクチンや肺炎球菌ワクチンなどに公費助成を導入するための制度改正に携わりました。新型インフルエンザの流行などで、他の先進国との「ワクチン・ギャップ*2」に世間の注目が集まったことが、改正への追い風となりました。また、診療報酬の改定にも2度関わりました。医療費40兆円の配分を決める仕事であり、医療体制と密接に関わるため、影響の大きさを実感するとともに達成感のある業務でした。

――2年間のアメリカ留学も経験されていますね。

:ええ。1年目で公衆衛生学修士の学位を取り、2年目には統治方法などを扱う行政学を本格的に学びました。行政学による現実的な視点を知って「なぜ医学的には最善と思われる策が政策として採用されないことがあるのか」といった疑問の背景が見えてくるようになり、留学は大きな転換期となりました。

*1…日本は二国間協定に基づき、英語による医師国家試験に合格した外国医師に対し、一定の条件を付した医師免許を与えている(協定の締結国は英・米・仏・シンガポール・独の5か国)

*2 ワクチン・ギャップ…日本の予防接種制度が、他国と比べ遅れている状態を指す。日本ではワクチンの副反応や有害事象による健康被害が度々問題視された経緯もあり、使用可能なワクチンや、原則無料で公的に実施される「定期接種ワクチン」の種類が、他の先進国と比べ少なくなっている。

(クリックで拡大) 1week

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら