学校保健の全体像(前編)

(クリックで拡大)

 

現在、学校保健ではどのような活動が行われているのでしょうか。また、学校医には、学校保健活動において、どのような役割が求められているのでしょうか。

学校保健活動と、学校医の仕事

学校保健とは、「学校において児童生徒および職員の健康の保持増進を図ること」であり、学校保健安全法で規定されています。その活動には様々なものがありますが、なかでも医師をはじめとした医療職が関わる活動は、大きく三つに分類できます。

一つ目は健康管理です。健康診断での健康状態の把握や、学校で怪我をしたり具合が悪くなった場合の処置などが挙げられます。二つ目は保健指導です。保健指導には、手洗い・うがいの促進など、健康維持・疾病予防のために集団に対して行う指導と、健康診断で異常が見つかった場合などに個人に対して行う指導があります。三つ目は保健教育です。保健の授業などを通じて、児童・生徒に正しい知識を伝えます。

では、これらの三つの活動の中で、学校医は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。その内容は、学校保健安全法施行規則で定められています。例えば、児童生徒および教職員の健康相談・保健指導・健康診断・疾病の予防処置や、感染症や食中毒の予防のための指導・助言、学校保健計画の立案への参与、学校の環境衛生に関する指導・助言などが、学校医の仕事とされています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら