Interview【臨床研究に携わる医師】(前編)

患者さんに選ばれる医師でありたい

患者さんの社会復帰の力になりたい

――先生は、なぜ整形外科を専門にされたのですか?

田代(以下、田):もともと、工作など手を動かすことが好きで、骨や靱帯を繋げるような手技には純粋に興味がありました。その中でも整形外科が良いと思った点は、患者さんが社会復帰していく姿を間近に見ることができることです。起き上がることもできなかった人が、自分の足で歩けるようになり、社会や仕事に復帰していくところを、目に見える形でお手伝いすることができる。それは、とてもやりがいのある仕事だと感じました。

――先生が所属する教室では、大学院に進学するのは当たり前だったのですか?

:いえ、博士課程に行く人は半分くらいだと思います。私も卒後2〜3年目までは迷っていました。大学院に行くと、臨床の技術や経験の面で周囲に遅れを取るのではないかという懸念が大きかったですが、その時期は臨床現場にいても地道な下働きが多いので、臨床面でのビハインドは結果的にはあまり感じませんでした。週に2日は臨床に出させていただいたので、勘が鈍ることも生活に困ることもなかったです。

手技の上達への探究心

――研究のテーマには、どんな経緯で出会ったのでしょうか?

:大学院に入学後、バイオメカニクスの研究室に入れていただきました。基礎研究を現場に活かす、基礎と臨床の橋渡し的な役割を担う分野です。CTやMRIなどの医用画像を処理して、手術の教育やシミュレーションに活かすことに取り組むグループでした。私は院に入る前から、関節鏡の手術ビデオの編集が好きで、時間がかかるから他の人がやりたがらない仕事も引き受けてやっていたんです。それを見ていた先輩が、田代は関節鏡が好きなんだなと目をつけてくださり、関節鏡の手術トレーニングシステムの研究開発というテーマに取り組む機会を頂きました。

関節鏡の手術は、多くの人は20〜30例経験すればだいぶ熟達しますが、その過程で大きな失敗をするわけにはいきません。
Dr.Tashiro大規模な病院なら指導医の監督下でしっかりトレーニングできますが、市中の中小規模の病院では人手に余裕があるとは限らない。そのような環境でも十分なトレーニングを積むために、何か役立つシステムを作れないかという問題意識でした。

――実際にシミュレーションシステムを使ってトレーニングすると、手技の上達にはかなり効果があるのでしょうか。

:あると思います。内視鏡は非常に限られた空間で細かい作業をするので、ハサミや器具の先に自分の指先の感覚があるような感じで手術をしないといけません。空間認識や、眼と手の協調運動、様々な動きを組み合わせる技術は、何度も繰り返して練習することで身につくものだと思います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら