Interview【社会医学研究に携わる医師】(前編)

社会医学の考え方は臨床の可能性も拡げる

個人と集団をつなぐ

――社会医学分野の研究がどのようなものなのか、イメージが湧かない読者も多いと思います。まずは先生が今手がけている研究について教えていただけますか?

:いくつかの研究が並行して動いていますが、私が大学で行っているのは、環境中の化学物質、例えばプラスチック系の樹脂に幼少期に曝露することが、その後の子どもの成長過程にどんな影響を与えるかを探る研究です。社会医学分野とひとことで言っても方法論は多様で、私が所属する産業衛生学(旧衛生学)の教室では、大規模な疫学研究から比較的小規模な研究まで、様々な研究を行っています。私が取り組んでいる小規模な研究は、近くの産婦人科や小児科のクリニックと連携して、研究に協力してくださる方がいた場合、自分で血液のサンプルの採取に行き、頂いた検体を大学に持ち帰って分析します。

――社会医学というと、ビッグデータの解析などを行うようなイメージがありました。

:そういった大規模な研究にも参加していますが、衛生学の面白さは、実験と疫学を繋げていくところにあると思います。私の場合は小児のアレルギーをテーマにしているので、細胞レベルで何が起きているのか、血液中にどんな抗体ができているのかという、生体内のメカニズムを解き明かす部分も重要なのです。

細胞レベルで起きていること、個人のレベルで起きていることを小規模な研究で丁寧に調べていき、それが集団レベルではどうなるのかという疑問を解き明かしていくときには、大規模な研究が必要になります。どちらかがより価値があるということはなく、小規模研究にも大規模研究にも、それぞれの役割があるんです。

推理小説好きが高じた

――先生はなぜ社会医学分野に興味を持たれたのですか?

:大学の授業で、疫学の父と呼ばれているジョン・スノーの話を聞いたんです。スノーはコレラの原因がまだ解明されていない頃に、コレラを発症した人の家の場所を地図にプロットし、一人ひとりの家を訪ねました。そして、患者が多いエリアには井戸のポンプがあることに気づき、原因を特定したんです。その話を聴いて、面白い!と。小さい頃から暇さえあれば推理小説を読んでいるような子どもだったので、「探偵みたい」とときめいたんです。

――それで、社会医学の分野に進まれたのですね。

:はい。学生時代に基礎分野の研究室配属があったのですが、そこでも公衆衛生の教室に行きました。フィールドワークも多く、実際に現場に行ってデータを取り、そこから推理と実験を組み合わせて事実を解き明かしていく過程が楽しかったですね。

――そのまま公衆衛生の研究室に入られたんですか。

:いえ、臨床も経験しました。当時臨床研修は必須ではなかったのですが、患者さんと接する中で得られる発想もありますし、医療現場の雰囲気を知っておきたいという思いがありました。教授にも臨床を経験した方が良いと言われ、眼科的なスキルを持つ疫学のドクターは少ないという話を聞いたこともあり、「それなら目を診られる疫学者になろう」と思い、眼科に入局しました。

眼科と言っても大学は当直が多く、体調を崩してしまったこともあり、大学病院での臨床は1年、その後市中の病院で数年臨床経験を積みました。ですから専門医の先生方と同じようなレベルの診療はできませんが、疫学調査で目の症状があるかどうかをチェックする際など、眼科での経験には助けられています。

Dr.Tashiro:いえ、臨床も経験しました。当時臨床研修は必須ではなかったのですが、患者さんと接する中で得られる発想もありますし、医療現場の雰囲気を知っておきたいという思いがありました。教授にも臨床を経験した方が良いと言われ、眼科的なスキルを持つ疫学のドクターは少ないという話を聞いたこともあり、「それなら目を診られる疫学者になろう」と思い、眼科に入局しました。

眼科と言っても大学は当直が多く、体調を崩してしまったこともあり、大学病院での臨床は1年、その後市中の病院で数年臨床経験を積みました。ですから専門医の先生方と同じようなレベルの診療はできませんが、疫学調査で目の症状があるかどうかをチェックする際など、眼科での経験には助けられています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら