レジデントロード

【麻酔科】長谷川 源先生
(北見赤十字病院 麻酔科)-(前編)

――麻酔科に興味を持ったきっかけを教えてください。

長谷川先生

長谷川(以下、長):最初に興味を持ったのは学生実習の時です。手術中の麻酔科医の役割には呼吸管理・循環管理・鎮痛などがありますが、人工呼吸器の設定を変えたり、血圧を保つために薬を投与したりすると、その結果がすぐバイタルサインに表れます。そうした結果の積み重ねが、患者さんの適切な全身管理につながるという点に、修練のしがいがあると感じました。ただ同時に、複雑で難しそうな印象も受けました。

麻酔科に進もうと決めたのは、臨床研修医の時です。救急から手術、ICUまでの一連の流れに関わることができ、心惹かれました。僕は「全身管理を学べて重症患者を診ることのできる科に行きたい」と考えており、循環器内科などとも迷ったのですが、先生方に「麻酔科なら呼吸と循環の管理に強くなれるよ」と背中を押していただいたこともあり、麻酔科を選びました。

麻酔科は多様な分野に関わることができるのも魅力的でした。手術麻酔一つとっても、心臓血管外科手術や帝王切開などに用いられる様々な専門性のある麻酔もあれば、高齢化に伴って区域麻酔の重要性も高まっています。また、手術麻酔だけでなくペイン外来など、自分の興味に合わせて色々な関連分野で働くことができます。

――専門研修ではどのような経験を積むのですか?

:札幌医科大学麻酔科の講座では、卒後3年目は大学病院で学び、4年目は関連基幹病院を回るシステムになっています。大学病院では指導医のもと、手術麻酔をひと通り経験しました。4年目以降は、赴任先でのニーズに応じて、救急や集中治療、ペイン外来などを経験します。各施設の指導医が持つ絶妙なテクニックを学べるので、とても良い経験になります。今僕が働いている北見赤十字病院は三次救急医療機関で、救急からICUまでの一連の流れに関われますし、NICUもあるため、産科・小児科の手術麻酔の経験も積むことができます。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら