interview 臨床×カナダ 藤本 礼尚(前編)

一流のてんかん医になるため カナダで臨床の世界に飛び込んだ

――なぜ留学しようと思ったのですか?

「何が一番正しい治療なのかを知りたい!」という強い気持ちをもったからです。というのも、医師として働き始めた2~3年目頃、現場でトップダウンで習うことと、テキストに書いてあることの間にギャップがあると気づき、「他ではどうなの?」という疑問をもったんです。気になって、インターネットなどで調べてみても、「国際的にはこうだ」と書かれていることが現場では実践されていなかった。モヤモヤした気持ちが残って、このまま続けるのは絶対に嫌だ、何が正しい治療なのかを知りたい、と強烈に燃えてきて。その分野で一番優れているところに行って、そこで見たら納得できるんじゃないかと思いました。もともと僕は大学では英語の成績が悪かったし、海外に行く学生の公募に興味もなかったし、自分はそういうタイプではないだろうなと思っていたけれど、そういう理由から海外で学びたいと思うようになりました。

――海外で学んでみたいと思っても、実際に留学するには大きな原動力が要ると思うのですが、それは何でしたか?

僕の場合は、せっかく苦労して脳外科医になったのだから一流になりたいという気持ちが一番の原動力でした。とにかくハングリーで、勉強したくて仕方がなかった。ビビる気持ちよりも欲のほうが強かったので、英語ができるかどうかなんて関係ありませんでした。たぶんあの頃の自分だったら、フランスでもロシアでもどこにでも行ったと思う。
5~6年目から留学先を探し始め、実際に留学したのは、日本で専門医資格を取った後の9年目です。留学先は、とにかく世界中を自力で調べました。あの頃はインターネットがそこまで普及していなかったけれど、とりあえずWEBサイトに募集要項がないかを探して、メールで連絡しました。また、学会に来るゲストの先生を片っ端から調べて、自分に合いそうな先生にはお手製の名刺を渡しに行ったりもしました。どこの誰とも知らない日本人をすぐに受け入れてくれるようなところはほとんどないけれど、その中でも「OK」と言ってくださるような方がいて、まずは研究フェローとしてトロント小児病院に行くことにしました。そこでは脳波のトレーニングを積んだのですが、最終的には向こうで臨床をやって、てんかんの外科医として一流になりたかったので、とにかく真剣に勉強しましたよ。毎週行われる有志のプレゼンテーションにも、自分から「やります」と言って積極的に挑戦しました。ここでの経験が、後に現地で専門医資格を取るのに役立ちました。

――その後、カルガリー大学で臨床フェローになられたそうですが、海外で臨床医として働くには、どのような過程を経るのでしょうか。

僕は、自分で大学病院のフェロー募集を探して、メールで応募しました。メールの返事がきた3大学に紹介状とCV(履歴書)を送って、それが通れば面接に進むのですが、CVを出した3大学には全て声をかけてもらえました。これは、トロントで頑張った成果が大きかったと思います。返事が来た中でも、僕は手術件数の多いカルガリー大学に面接に行くことにしました。
面接は朝7時半から夕方5時まで丸一日でした。朝行くとまずカンファレンスがあり、「この症例に対してどう思うか」とどんどん質問されます。それが終わったらホスピタルツアー。オペ室の見学では衝撃を受けましたね。5部屋ぐらい同時進行で手術していて、「ここで経験したら自分の腕を磨けるぞ」って、あの瞬間にピーンと来ました。喉から手が出るような気持ちで、意地でもここに入るぞと思いました。ランチタイムでもコミュニケーションを見られて、午後は6~7人の面接。そして最後の最後に、「実はもう一人候補がいるんだ。その人は給料要らないって言ってるけど、君はどうする?」と言われました。「ここで給料の交渉に来たか!」と思いましたが、「最低限でも給料は欲しい」と強気に言い、結果的に採用になりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら