全ての医師が働き続けられる仕組みを作る
~日本医師会副会長 松原 謙二先生~ (前編)

女性医師が増えている昨今、出産・育児などを経ても、男女がともに働きやすい環境を維持していくことは、医療業界にとって非常に重要なことです。ドクタラーゼでもこれまで、女性医師支援・男女共同参画の様々な取り組みを紹介してきました。今回は、女性医師のみならず全ての医師が働き続けられる仕組み作りについて、日本医師会副会長の松原謙二先生にお話を伺いました。

松原先生語り手:
松原 謙二先生 副会長
女性医師支援センター長 (2014年6月28日まで)

女性医師支援の取り組み

取り組み

――日本医師会では、女性医師支援・男女共同参画の課題解決に取り組んでいますが、具体的にはどのようなことを行っているのでしょうか。

松原(以下、松):まず、国から委託を受けて行っている女性医師支援センター事業では、各都道府県医師会と共同で「医学生・研修医等をサポートする会」を開催し、女子医学生や研修医の方々がキャリアを考えたり、先輩医師と交流して働き続けるイメージを持つための機会を設けています。また「女性医師バンク」を設置し、広い人脈を持つ経験豊富な医師がコーディネーターとなって、職場を探している女性医師にキャリアを紹介しています。民間にも医師紹介のサービスはあるようですが、先輩女性医師がコーディネーターとなって、同じ医師の立場で勤務環境について考え、紹介できるサービスということで、利用された先生にも好評です。

他にも、日本医師会では女性医師が活躍できるよう様々な施策を行っています(表)。

勤務医が忙しすぎる

松:女性医師支援センター事業で行っているような直接的な施策も重要ですが、出産・育児と仕事の両立や、ワークライフバランスの確保がまだまだ難しいという問題の根本には、「医師が忙しすぎる」という問題があると考えています。ドクタラーゼ9号の特集「医師の勤務環境」でも触れたように、現状では勤務医の勤務環境が非常に過酷であると言わざるを得ません。医師の数に限りがある以上、勤務医が疲弊しないよう環境を整えていかなければなりません。これからは、女性ということにこだわらず、男性医師を含めた全ての医師が働き続けられる環境を作っていかなければならないと感じています。

――勤務医が忙しすぎるという問題には、どのような背景があるのでしょうか。

松:様々な要因はあるでしょうが、「国民が医師に求めるもの」が実情に合っていないという指摘は重要だと思います。日本の医療は、医師の献身的な働きによって支えられてきました。国民皆保険制度のもとで、安価で質の高い医療を、どこにいても受けられる体制が築かれている国は、世界でも日本くらいです。しかし、患者さんがいくら医師に献身的になってほしいと言っても、医師が休みを取れない状態が続けば、医療を提供する体制自体が揺らいでしまいます。
いつでも、どんなことでも医師に対応してほしい、と望まれても、全てに応えることは難しい。国民が医療に求める要望と、実際に医療が提供できるものの双方をすり合わせていかなければ、安定した医療提供体制を保つことは難しいでしょう。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら