interview MBA取得×USA 山本 雄士 (前編)

医療の役割を進化させるため本場でマネジメントを学ぶ

――医師でありながら、なぜMBA(経営学修士)をとろうと思うようになったのですか?

そもそものきっかけは、臨床経験を積むなかで「患者さんに専念できないな」と感じたことでした。大学卒業後、麻酔科や救急、感染症科、島しょ医療、循環器内科などを回ったのですが、科によってはかなりルーチンワークが多く、医師としての高度なスキルが要求されない仕事が大半というところもありました。
「なぜ、同じような書類を何枚も書き続けなければいけないんだろう?」「医師しかできないことに専念しなければ意味がないんじゃないか?」と考えたら、「本当に患者さんのためになるのかを考えている人は誰もいないのではないか…」と感じてしまったんです。

その当時、医療崩壊という言葉が話題になり始め、医師の多忙が問題だと言われていました。しかし僕は、単純に医師が忙しいのではなく、効率の悪さを解決しようとしていないのが問題なのではないかと考えるようになりました。
そこで医師になって5年目の終わり頃に、循環器内科の教授で病院長でもあった先生に思い切って相談してみると、「マネジメントを学んでみたらどうか」と言ってくださったんです。それで、ビジネススクールに行ってMBAを取得しようと決めました。
6年目は研修医の指導をしながら、受験のための勉強をしました。また教授の勧めで、病院経営会議にオブザーバーとして参加させてもらうという機会も得ました。スタッフ向け接遇研修を企画し、実践させてもらうなど、いい経験をしたと思います。そして7年目にハーバード・ビジネス・スクールに合格し、留学することになりました。

――ビジネススクールではどのような教育を受けるのでしょうか?

ビジネススクールの主な目的は、幹部候補生の育成です。医療のコースがあるというわけではなく、分野を問わず事業や組織を継続的に発展させていくためにはどうすればいいかについて、様々なビジネスを志す人たちと一緒にディスカッションしながら学びます。そこでは常に答えがないことが前提で、限られた情報のなかで自分なりの価値判断をし、迅速に決断、実行していかなければなりません。

――そこで学んだことによって、大きく変化したことはありましたか?

「医療をよくしたい」という自分のミッションがとても明確になりました。臨床をやっていた頃からそういうミッションみたいなものを感じていたけれど、ビジネススクールに行って、やりたいことがよりはっきりした感じがします。というのも、ビジネススクールでは「あなたは何をしたいの?」と常に聞かれるんです。さらに勉強も厳しくて、自分でも「なんでこんなことをやってるんだろう…」って思うぐらいつらい。でもそういう生活ができるのは、やっぱり「医療をよくしたい」という思いがあるからだな、と気づきましたね。

振り返ってみると留学中の2年間は、自分で設定していた限界を一つひとつ壊していく日々だったなと思います。漠然と「この部分を変えるのは不可能だろう」と思っていたことに、突破口を見出していくという感じです。いろいろなビジネスから学んでいくと、ひとつの事業をどれだけ多角的に捉えて物事を決め、進めていくかがとても重要だと気づかされました。医療をよくするためには、病院一つを変えれば済むわけではないんです。医療業界では様々なプレイヤーがそれぞれの意志を持って動いている。それを全体で見て、この業界に何が起こっているのかを考えなければならないと思うようになったんです。ビジネススクールで学んだのは、スキルより考え方だったのかもしれませんね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら