先輩医師インタビュー
鈴木 邦彦 (医師×病院経営者)

経営から地域づくりさらに制度づくりへ重層的に関わっていく
-(前編)

臨床現場や「医師」という仕事の枠組を超えて、様々な分野で活躍する先輩医師から医学生へのメッセージを、インタビュー形式で紹介します。

鈴木 邦彦
1984年秋田大学医学部卒業。仙台市立病院、東北大学第三内科、国立水戸病院を経て、1996年志村大宮病院院長、1998年医療法人博仁会理事長に就任。2009年から中央社会保険医療協議会委員、2010年から日本医師会常任理事を務める。


高齢化の進む地域のニーズに応える

茨城の県都である水戸市から、2両編成の列車に乗って35分、久慈川沿いの山あいに位置する常陸大宮市に鈴木氏の経営する志村大宮病院は位置する。山間部の5町村が合併してできた市の主な産業は農業で、古くからこの地に住む人がほとんどだ。住民は高齢者が多く、現在は人口の約30%が65歳以上。これから我が国が迎える超高齢社会が、一足先にやってきている。

そんな地域のため、ほとんどの住民は持ち家に住んでいる。施設は重介護の方でいっぱいで、年金生活者も多く、入居型施設に入れるとも限らない。「高齢者ができるだけ自宅で過ごせるような体制を作る必要がある」と話す鈴木氏は、地域のニーズに応えるべく、経営する病院を中核として、リハビリテーションやデイサービスを提供するサテライトを市内各地に作り、24時間体制の訪問看護・介護サービスの提供体制を整えてきた。

「サテライト施設があれば、合併した広い市域もカバーできます。配食サービスや訪問看護・介護サービスを充実させれば、一人暮らしの高齢者や、いわゆる『老々介護』の人たちが家で過ごせる期間を長くできます。しかし、高齢化が進んだ地域では、在宅にこだわり過ぎても無理が出る。だから、具合が悪くなったら入院したり、最後のステージが近づいたら入居型施設に移ることも考えなければなりません。できるだけ家で長く過ごせるように、そしてそれが厳しくなってきたら施設に入れるようにサポートする――。人生の終盤をこの地域で安心して暮らせる体制を築こうと尽力してきました。」


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら