10年目のカルテ

研究を通じて、多くのこどもたちを小児がんから救いたい

【小児科】福島 紘子医師(筑波大学 小児科)
-(前編)

成人の内科を経て小児科へ

10年目のカルテ

――まずは、小児科医になった経緯を教えていただけますか?

福島(以下、福):1~2年生の実習で小児科に行き、こどもが可愛いなあと思って何となく小児科を志望するようになりました。けれど初期研修が始まってみると、1〜2年目の医師が診るのは、一般的な病気の軽症の子ばかり。その時は「小児は専門性が高くないのかな」と思い、一生の仕事にするならもっと専門性の高い分野に行った方が良いのではないかと思ったんです。そこで3年目には志望を変えて、内科専門コースで後期研修を始めました。けれど、実際に内科で勉強を進めていくうちに、大人とこどもの病気は全然違うことや、小児科には小児科の特殊な専門性があることに気づいたんです。まだ後期研修1年目でしたし、ここで1年遅れるくらい大丈夫だろうと思って、再び小児科の門を叩きました。

小児科に移ってしばらくは、明らかに知識も足りず、診たことのない症例も多かったため、戸惑うこともありました。けれど成人の内科を経験したことで、小児と成人の治療への取り組みの違いを意識できるという強みもできたので、遠回りしたことは後悔していません。内科で学んだ1年はすごく大事な時間だったと思っています。

――小児科に移った後は、どんなキャリアを歩まれましたか?

福:筑波大の後期研修では、基本的には様々な専門分野を3~6か月ずつ回ります。私は、最初の半年は市中病院で一般小児科を回り、残り半年でNICUを経験しました。5年目には大学に戻って、代謝内分泌・循環器・神経・血液腫瘍など、大学でしか学べない分野を経験しました。

その後、7年目以降はそれぞれが専門に分かれて仕事するようになります。私の場合は、内科にいた時から血液腫瘍に興味があったので、専門は小児血液腫瘍にしようと決めていました。

10年目のカルテ


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら