医学生×カメラマン
同世代のリアリティー

カメラマン 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、カメラマン3名と、医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「カメラマン」

今回は、同世代の若手カメラマン3名に集まっていただきました。どうしてこの仕事を選んだのか、どうやって専門的な技術を学ぶのか、どんなキャリアを歩むのかなど、詳しくお話を聞きました。

カメラマンになるにはどうすればいい?

(以下飯):皆さんはどんな仕事をされているんですか?

(以下:僕は今フリーランスのカメラマンとして、別のカメラマンのアシスタントをしたり、自分で撮影をしています。ミュージックビデオや人物の撮影が主な仕事です。

岡野(以下、岡):私も同じくフリーランスでアシスタントや撮影をしています。有名人のインタビューなどに行くこともありますが、好きな分野はファッションです。

野口(以下、野):私は最近まで他のカメラマンのアシスタントをしていました。夏頃から自分でも撮りたいと思い、会社の撮影部に入って社内カメラマンとしてアルバイトをしています。それ以外にも、保育園の運動会やキッズダンスなどの撮影をしています。希望のジャンルは音楽系です。

印南(以下、印):カメラマンになるには、どういう教育や訓練を受けるんでしょうか?

:色々ありますが、専門学校や大学を卒業後、撮影スタジオに就職して、技術を学ぶのが一般的ですね。僕たち3人は同じスタジオで出会ったのですが、そのスタジオの場合は、基本的には2年3か月で一通りの技術を学び終わって、巣立つことになります。

ク(以下、パ):具体的にはどんなことを学ぶのでしょうか?

:スタジオでライトを組み、モデルさんが立ち、写真を撮るという一連の流れを学ぶことができます。クライアントがどんな写真を撮りたいかに応じて、どういう照明を使えばそれが実現できるかを学ぶという感じですね。

:スタジオで写真を評価してもらう機会はあるんですか?

:評価は、専門学校や大学など写真を学び始める段階には受けますが、スタジオに就職した後に受けることはないですね。

:卒業試験や国家試験がある医学生とは違いますね。

やりたい仕事に近づくために

:スタジオを出た後はどうされるんですか?

:その後の進路は自分たちで決めます。好きなカメラマンや付きたいと思うカメラマンを探して、その人に付くこともできますし、フリーランスで働くこともできます。スタジオでずっと働くという選択もあります。

:誰かに付く人と、フリーランスになる人の割合は、だいたい半々ぐらいだと思います。

:誰かに付くときには自分の撮っている写真を見せて、「自分はこういう写真が撮りたいです」とアピールしたりします。人に付くと、もちろん教えてもらえますし、自分も撮らせてもらえる可能性があります。ただ、師匠と弟子の関係はなかなか大変です。相性もあるし、自分の時間が結構なくなります。

:その点、フリーランスは自分の思うように撮ることができるから楽しいですね。

:ただ、それまで培ってきた関係性からしか仕事はもらえないので、最初から自分がやりたい分野の写真が撮れるとは限りません。95%くらいはつながらないのかな、と感じています。

:カメラマンに人気のジャンルなどはあるんですか?

:ジャンルの選択は人それぞれなので、あまりないですね。ただキャリアとしては、WEBの次に雑誌などの紙媒体、その次に広告、という感じで規模が大きくなっていきます。有名な雑誌や有名な女優さん、大企業の広告などが撮れるようになったら、一気に箔が付きますね。

:作品を撮って個展を開催するような写真家を目指す方は多いですか?

:そういう道もありますが、金銭的には厳しいことを覚悟する必要があると思います。

:雑誌や広告で活躍しているカメラマンでも、商業的に撮るのとは全く違う、好きな分野の作品をずっと撮っている人もいます。作家一本より、そういう人の方が多いように思いますね。

:フリーランスの場合、どうやって仕事をもらうんですか?

:自分のフォトブックをまとめて、「こういう仕事ができます」と発信するのが基本ですね。

:まずは顔と名前を覚えてもらうことが大切です。アシスタントで現場に入る時は特に、その現場でどんな気遣いができるか、どうすれば自分が気に入られるかは常に考えています。

:カメラマンとしての技術だけでなく、人間性や、面白くて現場が和むからという理由でクライアントから仕事をもらえることもあります。自分から個性や魅力をアピールすることが大事だと思います。