授業探訪 医学部の授業を見てみよう!【前編】

宮崎大学「地域包括ケア実習」

この企画では、学生から「面白い」「興味深い」と推薦のあった授業を編集部が取材し、読者の皆さんに紹介します!

4週間もの間、地域医療を体験できる!

5~6年の臨床実習の一環であるこの実習では、4週間もの間、地域医療の最前線で多職種との関わりや在宅・療養期の医療を体験できます。実習期間中は職員宿舎などに宿泊できるため、腰を据えて取り組めます。

地域住民や行政とも関わることができる!

実習施設は県内の大半の市町村にあり、様々な地域の、様々な規模の医療機関で実習を経験できます。医療機関の中だけでなく、地域住民や行政とも関わることで、その地域をどっぷり浸かって知ることができます。

受け入れ体制がしっかり整っている!

地域で医学生が有意義な実習を送れるのは、受け入れ体制がしっかり整っているから。すなわち、大学と市役所の担当者が調整を図り、地域の医師が情熱を持って教育にあたっているからこそ、実現できているのです。

 

1 2 3
(写真左)実習施設の一つである共立病院。
(写真中央)宮崎県北の地域医療を守る会。学生も参加しました。
(写真右)左から、宮崎大学の桐ケ谷大淳先生、大貫診療所の榎本雄介先生、延岡市地域医療対策室の吉田昌史さん。