がんと闘病しながら、研究も私生活もアクティブに
~放射線科医 前田 恵理子先生~(前編)

今回は、がんと闘病しながら、放射線科医として国内外で活躍され、プライベートでもアクティブに活動されている前田恵理子先生(写真右)にお話を伺いました。

喘息と闘いながら医学部合格

藤巻(以下、藤):前田先生は放射線診断の若き研究者として国内外でご活躍されています。一方でバイオリンの名手でもあり、水泳や空手にも励み、科学全般にも明るいうえ、一児の母でもある。活動の幅広さと熱量に驚愕するばかりですが、実はがん患者で、喘息にも長く苦しまれた背景をお持ちです。闘病しながらのこの華々しいご活躍には関心が尽きません。

さっそくですが、先生はなぜ医師を志したのでしょうか?

前田(以下、前):もともとサイエンス全般が好きで、幼児期の将来の夢は天文学者でした。天体望遠鏡で毎日星を眺めていたことが高じて、天体観測のための気象予測や、顕微鏡での鉱物観察など、地学分野にのめり込んでいきました。その後、小学4年生の性教育の授業で卵子と精子から赤ちゃんができることを知り、「人体って面白い!」と思うようになりました。それを機に、貪るように人体図鑑や家庭向けの医学書を読むようになり、小学6年生の頃には医学部を志すようになっていました。

:その頃はお父様のお仕事の関係で、オランダで生活されていたのですよね。

:ええ。小学5年生から3年半の間、現地のインターナショナルスクールに通っていました。その頃の英語と理科の授業が、今の私の基礎になっています。特に理科は、毎日2時間かけて実験を行い、宿題でレポートやエッセイを書く授業だったのですが、その形式は今振り返ると論文の書き方そのものだったのです。おかげで、医学部に入ってから現在まで、論文の書き方に困ったことはありません。

ただ、良い影響だけではありませんでした。渡蘭して1年後に喘息を発症してしまったのです。寒冷な気候やハウスダスト、受動喫煙などの要因もありますが、言語の違いによるストレスも大きかったと思います。

帰国後はさらに状態が悪化し、何度も救急搬送されました。中学3年生では心停止も経験しました。常に頭に酸素が足りておらず、学校の勉強になかなかついていけませんでした。特に数学では大きくつまずきました。オランダの数学は考え方を重視する授業だったため、日本の数学のような問題演習の反復に全く馴染めなかったのです。一時は医学部合格が難しいところまで成績が落ち込みましたが、やはり医学の道を諦めたくないと思い、そこから一念発起しました。できない部分を認め、一つずつやり直そうと、分数・小数から繰り返し学び直しました。そのかいあって、東京大学理科三類に現役で合格できました。


 

キャリア形成と結婚・出産

:大学に入ってからの生活はいかがでしたか?

:教養課程の2年間は、かねてからの趣味であるバイオリンに熱中しました。また、喘息を治そうと入部した水泳部のつてで、大学病院で治療を受けることになり、吸入ステロイドで症状も落ち着いていました。

:しかし一転して、医学部進学後はホルマリンなどの薬剤や、臨床実習のハードさで、体調が悪化してしまったのですね。

:はい。大学5年生の時には在宅酸素を導入することになり、ショックでしばらく外に出られない時期もありました。実習を続けるのは難しいと判断し、1年留年することにしました。

:卒業後、放射線科に入局された後は、どのようなキャリアを歩まれましたか?

:初めは直接患者さんに接する放射線治療を志望していましたが、研修中に喘息が悪化し、治療を専門にするのは難しくなってしまいました。そこで診断の道に進み、そのまま6年目に専門医資格を取得しました。その翌年には結婚し、さらに1年後の32歳の時に出産しました。そして34歳の時、それまでの研究論文の積み重ねによって、学位を取得しました。

:結婚・出産後、生活に変化はありましたか?

:私の夫は医師ではなく、また家事にも協力的なので、結婚によって仕事に差し支えることはありませんでした。ただ、出産後は残業ができなくなりましたね。院内保育所に子どもを預けてはいたのですが、子どもの睡眠時間のことを考えると、夜の勉強会や院内カンファレンスなどには出席しにくかったです。どうしても出席しなければならない会がある場合は子ども同伴で出席したり、両親の協力を得たりして、何とかやっていました。もし出産がもう数年遅かったら、立場的に発言を求められる場面も増え、もっと困難が生じていたかもしれません。