日本医師会後援映画
「山中静夫氏の尊厳死」(前編)

日本医師会が後援する映画『山中静夫氏の尊厳死』が、全国で順次公開されています。今回、医学生がこの映画の鑑賞会を行い、感想を語り合いました。

image

あらすじ

ここに末期がんを宣告された男(山中静夫)がいます。男は自分の最期を迎えるために、ふるさとに帰り、自らの墓を作り始めるのです。静かに、楽に死んでいくことだけを願って…。

そして、そんな患者を最期まで見守る一人の医師(今井)。職業柄人間の死を多く見過ぎた医師は、やがて自らもうつ病になりながらも、尊厳死とは何か、果たして人間の尊厳死はありえるのかを考えるのです。
(参考:公式サイト
http://songenshi-movie.com/

【キャスト・スタッフ】

監督・脚本:村橋 明郎

出演:中村 梅雀、津田 寛治、高畑 淳子、
田中 美里、浅田 美代子

原作:南木 佳士『山中静夫氏の尊厳死』(文春文庫刊)

配給・宣伝:マジックアワー、スーパービジョン

©2019映画『山中静夫氏の尊厳死』製作委員会

執筆

外山 尚吾(京都大学医学部医学科 5年)

※本稿の作成にあたっては、外山さんを含む4人の医学生にご参加いただきました。ご協力に感謝いたします。

 

 

 

医師の仕事は「死」と地続き

A:映画を観終わって、印象的だったシーンはどこだった?

B:回想シーンで、医師の今井がペンライトを使って瞳孔を確認して、患者さんの死を家族に宣告する場面があったけれど、そこで少しドキッとした。

A:どうして?

B:臨床実習でも、自分のペンライトで患者さんの検査をすることがよくあるけど、同じ道具が、死の最も象徴的な場面で使われていたから。医師という仕事が「死」と地続きであることを改めて意識させられた。

C:確かに、カルテを見ながら病気や治療について考えることはあっても、「死」そのものと対峙することは少ないね。

D:僕は、実習で担当した患者さんが2週間後に亡くなったことを後から知った時、「死」について考えさせられたよ。今は特別な出来事だと感じるけど、医師になったらこういうことも日常の一部になっていくのかな。

C:医師として仕事をするうえで、「健康に生きる」とはどういうことかを考えなくてはならないと感じてきたけれど、いつか訪れる「死」についても、しっかり考えておかないといけないと痛感したよ。この映画が扱っているテーマは、どんな医師・医学生でも向き合わなければならないことだと思う。