密着取材レポート 
和歌山県立医科大学附属病院 ICU(前編)

 

和歌山県立
医科大学附属病院
ICU

大学病院の機能と県立中央病院としての機能を併せ持つ、病床数約800を有する和歌山県の中核病院です。臨床研修のプログラムでは、本人の希望に合わせて大学病院と市中病院を細かく行き来できるところが特色です。

 


 

村田 鎮優先生
2015年 
和歌山県立医科大学医学部卒業

将来は整形外科医を目指しつつ、総合診療能力も身につけたいと語る村田先生。救急救命センターでの3か月の研修のうち、1.5か月のHCU勤務を終え、ICUに移って2日目が取材日でした。

 


8:30 カンファレンス

夜間の入院患者さんについて、ER担当研修医からのプレゼン。教授や上級医が、高度救命救急センターにおける治療や判断の考え方を伝えます。その後20分ほどかけて、人工呼吸器の機能やメカニズムについて臨床工学技士からの講義がありました。

9:40 朝の回診

研修医1人が担当する患者は1~2人。朝回診では研修医が、上級医に対して担当患者さんの状態や今日の方針について説明します。ちゃんと準備をしておけば、大体は研修医が立てたプランに沿って治療が行われます。
上級医に相談したり、研修医同士で相談し合いながら仕事を進めます。


ICUは一般病棟と違い、専用のフォーマットを使って、時間刻みで記録やアセスメントを行います。

12:00 採血

血液培養のための採血。ICUには採血しにくい人も多いうえ、血液培養は必ず2か所から採血しなければならないので大変です。

12:40 昼食

昼食は、近くの弁当屋から配達してもらう弁当。HCUを回っていたときは研修医で揃って食べられませんでしたが、ICUでは集まって食べる時間もあります。カンファで発表された症例についても話が弾みます。
カルテに繋がるPCはインターネットに繋がらないため、薬について調べるときは自分のスマホを使います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら