女性医師の働きやすい環境作りは、すべての医師の働きやすさにつながる
~日本海総合病院 病院長 栗谷 義樹先生~(前編)

神﨑先生ご夫妻

今回は、自治体病院同士の統合再編の成功例として有名な日本海総合病院で、勤務環境の向上に向けて様々な取り組みを行っている、栗谷義樹先生にお話を伺いました。

女性医師が働きやすい環境を

三倉(以下、三):栗谷先生は、山形県と酒田市の2つの自治体が共同で設立した「地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構」の理事長として、2つの病院の運営をされています。医師の偏在が叫ばれるなか、機構の設立者である県と市、そして大学が三位一体となって、人材確保に取り組んでいるそうですね。

栗谷(以下、栗):当法人では、急性期病院である日本海総合病院と、回復期リハビリテーション病棟・療養病棟をもつ日本海総合病院酒田医療センターの2つの病院を運営しています。田舎なので、医師をはじめとした医療者の確保は喫緊の課題です。当法人は山形大学と東北大学の医局人事だけでなく、県と市が協力して幅広く医師を募集しています。

:人材確保のため、様々な施策を行っておられると思いますが、女性医師が働きやすい環境を整える取り組みにも力を入れていらっしゃると聞きました。具体的にはどのような取り組みをされているのでしょうか。

:まず、短時間正職員制度を導入しています。これは、週の平均勤務時間が30時間を下回らなければ、すべて正職員として採用するというものです。就業形態は様々なパターンを用意しており、決まった就業時間さえ確保できれば、働き方は自由に選択することができます。正職員ですから、賞与や昇給ももちろん通常通りにあります。

:なるほど。この制度を活用すれば、育児や介護をしながらでもキャリアを積むことができますね。

:はい。例えば育児の場合では、小学校就学前の子どもがいる方なら全員短時間正職員制度を利用できます。他にも、育児特別休暇や院内保育所も設けています。院内保育所では、定時保育に加え、夜間保育や病児病後児保育も行っています。

:かなり手厚い支援ですね。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら