医学生 × 文系研究者
同世代のリアリティー

文系研究者 編(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代のリアリティーを探ります。今回は「文系研究者」をテーマに若手文系研究者3名と医学生3名の6名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「文系研究者」

医学生とは一見関わりがなさそうな文系の研究。その知られざる世界や、文系研究者とのコラボレーションの可能性など、同世代が語り合いました。

文学部の研究内容あれこれ

郷津(以下、郷):僕は近世の日本文学が専攻です。江戸時代に本居宣長や賀茂真淵らが発展させた、国学という学問を研究しています。思想の研究に近いので、日本文学の分野だとちょっと特殊な例ですね。文学研究では、個別の作家や作品を対象にする研究のほか、古典文学のたくさんの写本の中から作者による原本に一番近いものを確定する、文献学のようなアプローチもあります。

鈴木(以下、鈴)僕は美学芸術学専攻ですが、やっていることは郷津さんと少し似ていて、ジャック・ランシエールというフランスの哲学者の思想について研究しています。
美学芸術学の分野ではほかに、音楽の作品はどの段階で作品になるのか、といったことも研究の題材になりますね。

吉田智哉(以下、智)どういう意味ですか…?

:例えば、クラシック音楽には楽譜があって、演奏して、それを聴くという過程がある。そのなかで指揮者によって曲の解釈が違っていたりしますよね。それでは、僕たちがその曲を指したときに、どの程度の広さのことが言われているのか、などと考えたりするんです。

:そんなこと、考えたこともありませんでした。

久松(以下、久)僕は宗教学を専攻しています。日本仏教によるケアや社会貢献といったことに関心があります。宗教学の研究対象は、結構幅広いんです。僕の同期だと、フランスの政教分離について扱う人もいれば、ゾロアスター教の研究をしている人もいます。やっていることは本当に人それぞれですね。

何を動機に研究するのか?

:僕たちのやっていることって、医学部生と違って実用性がないですよね(笑)。僕は正直、自分の研究内容を社会に還元できるみたいな手応えは感じていないんです。お二人は、そういうことを考えていますか?

:できたらいいなとは思うけど、別にそれを第一の目的としてやっているわけではないかな。研究内容に興味があるから解明したいし、ずっと調べていたい。あとは本を読むのが楽しいので、ずっと本を読んでいたいですね。

:医学部の皆さんは勉強していて何が面白いと感じますか?

吉田百合香(以下、百):低学年の頃は、人体の組織や構造について勉強しているだけでも、人間の体ってすごいなと思って、面白かったですね。5年生になって実習が始まってからは、自分が将来診療している姿が想像できて楽しいなと感じます。

中安(以下、中):私は実技はまだあまりやっていないのですが、授業を受けていると、自分が勉強していることが患者さんの生死や健康に関わるのだと思えてきて、一つひとつ大切なことだという実感が湧きます。技術を学ぶことも面白いけれど、人の役に立つことを学びたい。やはり、患者さんや社会といった、大きなものの存在があるからこそ頑張れているのかな、と思います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら