Need to know
山形県寒河江市「無事かえる」支援事業の取り組み

認知症の方やその家族の安心・安全な暮らしを支援する(前編)

皆さんは、認知症の方々の生活を支えるため、地域でどんな取り組みが行われているか知っていますか?山形県寒河江市では、認知症の方が迷子になっても無事に家に帰れるよう、行政・福祉介護・警察・地域住民が協力し、地域全体で見守る活動が行われています。医学的アプローチだけではない、認知症に対する様々な支援の実例を見ていきましょう。

近年、認知症の方が、いわゆる「徘徊」のため帰宅できなくなり、行方不明になるケースが増えています。全国の自治体は、認知症の方やその家族が安心して暮らしていけるよう、様々な取り組みを行っています。

その一例として、山形県寒河江市の「無事かえる」支援事業を紹介します。寒河江市高齢者支援課の川部裕子さん、寒河江警察署生活安全課巡査の野口祥之さん、寒河江市西村山郡訪問看護ステーションのケアマネジャーで「認知症サポーターキャラバン*1」のキャラバン・メイト*2も務める横山幸子さんの3名にお話を伺いました。

「無事かえる」支援事業とは

――まず、この事業の概要を教えていただけますか?

川部(以下、川):この事業は、認知症の方が外出しても無事に帰宅でき、その後も安心して暮らせるよう、市役所と寒河江警察署、福祉・介護施設で働く方々、また住民の方々が力を合わせて支援する取り組みです。

登録申請書を提出していただいた認知症の方やご家族には、地域包括支援センターの職員がご自宅を訪問し、登録情報を確認するとともに、日頃の見守り方や介護サービスの利用の仕方についてアドバイスします。また、申請書の情報は寒河江署とも共有しているので、いざというときにはためらわず、署に行方不明者届を出すようお伝えしています。2016年10月現在で、延べ約140名の方にご登録いただいています。

事業が始まった経緯

――この事業が始まった経緯を教えていただけますか?

:寒河江市直営の地域包括支援センターには、ほぼ毎日認知症の方に関する相談が寄せられますが、その中でも特に徘徊については、何キロも離れた遠くで迷子になっていたり、真夏や真冬に徘徊して命の危険にさらされていたりして、警察署の力を借りることも少なくなく、既存の介護サービスだけで対応するには限界がありました。市としては、対応の限界を理由に認知症の方とご家族を孤立させてはいけないと感じ、まずは警察署で保護等の緊急対応があった際、市役所が即座にフォローする体制を構築しました。

連携を重ねるなか、警察署と市役所でのケース対応だけでは限界がある事例も見えてきました。例えば、ご夫婦二人世帯で、二人で一緒に徘徊してしまった場合、行き先に心当たりがある人も、行方不明者届を出す人もいません。そこで、認知症の方の情報を事前に登録し、いざというときに備えて警察と市役所が日常的に連携する支援制度を立ち上げることにしたのです。

*1認知症サポーターキャラバン…認知症について正しく理解し、認知症の人や家族にできる範囲の手助けをする「認知症サポーター」を全国で養成するための厚生労働省事業。

*2キャラバン・メイト…認知症サポーター養成講座を開催し、講師役を務めるボランティア。キャラバン・メイトになるためには、所定の養成研修を受講し、登録する必要がある。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら