分娩の流れと様々な対応

分娩においては、母体と胎児・新生児両方の状態を把握して適切に管理することが求められます。ここでは、正常経腟分娩での流れを見つつ、その時々に生じうる異常とその対処について見ていきましょう。

(クリックで拡大)

*1子癇…定義は「妊娠20週以降に初めてけいれん発作を起こし、てんかんや二次性けいれんが否定されるもの」で、妊娠中・分娩中・産褥期に生じ、主に妊娠高血圧症候群の患者が発症しやすい。

*2 HELLP症候群…溶血(hemolysis)、肝酵素上昇(elevated liver enzyme)、血小板減少(low platelet)を3主徴とする症候群。

 

NEXT→産後の母子のフォローアップ