【鼎談】ドクタラーゼ一周年にあたって
これからの「医療」を考える-(前編)

これからの医療を担う人たちのために

横倉会長(以下、横倉):『ドクタラーゼ』も創刊1周年を迎えました。今後も医学生や研修医など、これからの医療を担う人たちに向けて積極的に発信し続け、共にこれからの医療について考えていきたいと、思いを新たにしています。そこで、これからの医療界を引っ張る二人の先生にご参集いただきました。

羽生田副会長(以下、羽生田):私は日本医師会の副会長として、日本が世界に誇る国民皆保険制度を守りながら、臨床を重視した医学教育の改革、女性医師支援の充実など、未来志向で医療界を変えていく活動に関わってきました。そこで感じたのは、医療現場のニーズや実情を踏まえ、医師の声を国政に届けるメッセンジャーの必要性でした。これからの医療・医師にとって必要な政策を実現するための橋渡し役を担っていきたいと考えています。

横倉:今から十年後には、日本は大変な高齢社会を迎えます。その中で、医療のあり方も大きな変革の時期を迎えており、次のステップに踏み出さなくてはなりません。身近な医療から高度で専門的な医療まで、国民が必要とする医療を過不足なく提供できる体制を作るのが我々の責務です。その学問的な背景について、武見参議院議員が一昨年 『ランセット』*の日本特集を監修したので、その論点を教えて頂ければと思います。

武見参議院議員(以下、武見): 私は医療政策の専門家として、日本の医療を国際的な観点から見てきました。ランセットの特集でもとりあげましたが、わが国の医療は、20世紀後半に世界で随一の医療保険制度を確立し、飛躍的に平均寿命を伸ばしました。戦後たった20年ほどの間に、乳幼児や妊産婦の死亡率を先進国並みに引き下げることにも成功しています。しかし21世紀に入る頃から、寿命を伸ばすだけでなく、「健康でいられる時間を長くする」という観点が重要視されるようになってきたのです。

「医療サービス」の枠組みを生活の場に拡げていく

横倉:日本人はこれだけ寿命が長いのに、世界的にも「自分が健康である」という意識が非常に低いそうです。自分が健康だと思えることは、人生を楽しく生きるためにも重要ですから、そのあたりも意識を変えていかなければなりません。

羽生田:長く健康を維持するために必要なのは「生涯保健」の考え方です。「ゆりかご」どころか、子宮の中から始まって終末期のケアまで、生涯にわたって健康な生活をどう支えていくかという視点が必要なのですが、まだそれぞれの時期の保健施策の連携が十分ではない。たとえば子どもの保健活動も、生まれてから3歳までと小学校からは充実しているのに、その間が手薄になっています。この空白をなくし、連続性のある保健施策を整備していくことも我々の責務だと思います。

武見:私は、医療を狭くとらえるのではなく、「健康」を社会との関わりの中でもっと幅広く考える必要性が高まっていると思います。「心身ともに」健康に生きられるように、医療サービスの枠組をさらに拡げて、「患者」というよりも「生活者」としての国民の健康増進を図っていくべき時期が来ているのです。

羽生田:そうですね。今まで私たち医療者は「病気に対してどうするか」という立場で考えてきました。けれど、これからは「生活」の中で保健をどうとらえるかを、予防も含めて考えていかなければならないと思います。

横倉:そのためには、社会のあり方や家族のあり方、そして地域のあり方も少しずつ変わっていかなければならない。我々医師の立場からも積極的に発言し、影響力を発揮していかないといけないと強く感じます。

*The Lancet Special Series on Japan: Universal Health Care at 50 years
『ランセット』日本特集号:国民皆保険達成から50年(2011年9月1日刊行)

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら