キャリア・家庭についての医学生の意識を
データでみる(1)

医学生は、自分のキャリア・築く家庭・仕事と私生活のバランス・性別による役割の違い…などについて、どんな意識を持っているのでしょうか?全国のドクタラーゼ読者、約1,000名にきいてみました。

「男女共同参画・女性医師支援に関する医学生アンケート」

実施:2012年12月~2013年2月/対象:日本医師会発行「ドクタラーゼ」の読者から選出した学生42名に依頼し、各大学の学生に調査票を配布し、無記名で回答してもらい返送/回収数:1,017 有効回答数:999

Q1 あなたが専門にしたいと思う(興味のある)診療科・分野を選んで下さい。
(複数回答)

男女ともに内科を志望している学生が多いです。また、外科・脳神経外科は圧倒的に女子医学生よりも男子医学生に人気があり、産婦人科・小児科は男子医学生よりも女子医学生に人気があることがわかります。

Q2 あなたは、自分の臨床研修先や専門分野を選ぶにあたって、
結婚・出産・家庭生活・育児といった要素がどの程度影響すると感じますか?

ライフイベントとしての結婚・出産・家庭生活・育児については、男女ともにそれなりに意識していることがうかがえます。ただ、男子医学生の約3割は「あまり影響しない」「全く影響しない」と答えています。

Q3 あなたは将来、出産・育児のために、医師としてのキャリアを中断したり、
一時的に仕事の負荷を減らすことがあるだろうと思いますか?

女子医学生の8割近くがキャリアの中断や仕事の負荷を減らすことを考えているのに対し、男子医学生の約半数が「あまりそう思わない」「そう思わない」と答えています。

※このページに掲載されているグラフのパーセンテージは、無回答を除いたものです。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら