医師・患者関係からみる在宅医療(1)

スタディ・ツアーの後、福島・福岡の先生方と反省会を行いました。 そこでの話を通じて、在宅医療における医師・患者関係のあり方を探ります。

人生の最後と密接に関わる在宅医療

今後、在宅医療が普及するにつれ、在宅で死を迎える人も増えていくだろう。人生の最後と密接に関わってくることについて、福岡の松口循環器科・内科医院で院長を務める松口先生はこう話す。

「『死』をどうプロデュースしていくかという観点で考えると、どの疾患が原因で亡くなるかは、患者さんや家族にはあまり関係ないんですよね。私たちが担うべきは、患者さんが苦しまずに亡くなれるように、そして家族がその死を受け入れられるようにすること。本人ももちろんですが、家族も不安や葛藤と闘いながら介護しています。だから、看取りの後は家族のケアも必ず行います。例えば私たちは、患者さんが亡くなられた後、『よくやったね、すごいね』と声をかけるようにしています。」

緩和ケアを専門とし、病棟勤務だけでなく在宅医療にも携わる福島・竹田綜合病院の渡邉先生は、終末期における患者さんの希望をどのように聞き出すかについて語ってくれた。

「緩和ケアで教育されてくるのは、ファシリテートするということ。患者さんや家族は、死の間際をどのように過ごしたいか、ご自身の意見を持っているものです。けれども、医療という専門分野を前にすると、なかなか主張できないところもある。だから、うまく信頼関係を築いて、その人の意見を吸い上げながら、望む方向へ導いていく必要があるんです。もちろん、世間的なものからあまりに外れるような場合や、実現することが厳しい場合には、少し私たちが方向づけをする場合もありますが、あくまでも選択肢を並べて、『どれを選ぶ?』という形にしています。そうすることで、意志決定を促すんです。」


医師・患者関係からみる在宅医療

松口先生(写真左)と加藤先生(写真中央)。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら