生殖医療にまつわる倫理的な問題 case1

産婦人科の外来を、マスクをした若い女性Aが訪れた。
問診票には、17歳、妊娠の可能性あり、とある。
「妊娠の検査薬で、陽性になったんです。」
「そうですか。最後の生理はいつでしたか?」
「・・・」
「わからないですかね。出産の意思の所が空欄になっていますが、迷っていますか?」
「・・・」
ご家族やパートナーには相談してますか?」
「・・・。パートナーとかじゃないんです。」

 

2か月ほど前、部活の帰りに、Aは夜道を家まで歩いていた。
見知らぬ男に、何度もしつこく声をかけられた。
脇目もふらず小走りで急いだが、人通りの途絶えたあたりで急に口をふさがれて、
抱え込むように車に押し込められた。ただただ怖くて、声さえも出なかった。
気が付くと、家から離れた通りの道端に倒れていた。
しばし、Aは立ち上がることができなかった。誰にも言えない。
何もかも忘れたい。けれど、なかったことにはできない――。

 

Aは去年、中学時代の友人が妊娠したことを覚えている。相手は19歳の大学1年生。
当然のように、中絶してほしいと言われたそうだ。
友人も、若いから育てられない、そんな状況で産む方が子どもにとってかわいそうだと言う。
Aは怒りに震えた。そんな無責任なことがあるだろうか。
友人のことが信じられなかった。
命を授かった子が、生まれない方が幸せだなんて、とても考えることはできなかった。

 

「やはり妊娠しています。胎嚢っていう赤ちゃんが入る袋も見えますし、
だいたい10週目です。
つらいと思いますが、こういうときは中絶が認められています。
ただ、保護者の方がみえないと、それもできません。やはり、ご家族にお話ししないと」
「――私、迷ってるんです。産むか産まないか…もう生きてるんですよね。」
「・・・。そうですね。心臓は動いています。」
「この子は何も悪いことしてないのに…どうしたらいいですか?私の子どもなんですよ。
それを私が殺しちゃうなんて――」

 

NEXT→生殖医療にまつわる倫理的な問題 case2

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら