10年目のカルテ

知識と経験を活かして診療科の狭間をカバーする

【腫瘍内科(化学療法科)】金政 佑典医師
(都立駒込病院)-(前編)

抗がん剤治療の専門家

永井先生

――まず、腫瘍内科とはどのような診療科なのか教えていただけますか?

金政(以下、金):腫瘍内科は、簡単に言えば、抗がん剤治療を専門とし、臓器横断的に悪性腫瘍を診る診療科です。腫瘍内科のある病院はまだ全国的に多くなく、得意とする分野も病院によって異なりますが、がん患者の増加に伴い、これから増えていく診療科だと思います。

――先生が勤務する都立駒込病院の腫瘍内科では、主にどんな患者さんを診るのでしょうか。

:この病院の腫瘍内科は、他の診療科と役割分担しながら、主に消化器がんと悪性リンパ腫を担当しています。他にも、希少がんや原発不明がんといった特殊ながんや、多臓器転移を診るのも腫瘍内科の役割です。

具体的には、患者さんは具合が悪くなった場合、まず臓器別の診療科にかかります。もしそこでがんが見つかり、手術適応となったら、手術と術後の抗がん剤治療は外科系の診療科が行うことが多いです。一方、再発がんや、転移がある場合には、それぞれの専門科からコンサルトを受けて腫瘍内科で診ることになります。臓器別の診療科の狭間になる分野をカバーしているというイメージですね。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら