海外の医師養成(前編)

ここでは、臨床研修制度をより深く考えるヒントとして、海外の医師養成との比較を行います。日本とアメリカ・イギリス・韓国の医師養成はどのように違うのか、詳しく見ていきましょう。
(取材協力:東京大学医学教育国際協力研究センター専任講師 大西弘高先生)

 医師養成の一過程である臨床研修制度の位置づけは、国によって少しずつ違います。そこで海外との比較においては臨床研修だけでなく、少し範囲を広げて、医学教育から卒後教育までの医師養成の仕組みを比較してみましょう。

 具体的には、アメリカ・イギリス・韓国の医師養成の制度を比較しながら考えていきます。アメリカは今や医学の中心地であり、いわゆるグローバルスタンダードとして比較する価値は高いでしょう。イギリスはアメリカと似ているような印象を受けるかもしれませんが、イギリスの医療制度はアメリカとはかなり違い、医師養成の仕組みも異なります。韓国は日本の医学教育の影響を受けながらも、戦後はアメリカの影響を強く受けた医師養成制度になっています。

 これらの国々と日本の医学教育、国家試験・医師免許のあり方、卒後研修のあり方について表にまとめてみました。

専門分化が進むアメリカ

 アメリカは、分業化・効率化・専門化による合理化を徹底する国だとよく言われます。アメリカの医師養成の制度においてもそれが垣間見えます。例えば、医師国家試験であるUSMLE(United States Medical Licensing Examination)はステップ1から3までの3段階に分かれ、それぞれの段階で目的が設定されています。日本のように「試験に合格したら免許がもらえる」というわけではなく、長い道のりの中で徐々に成長していく過程がきっちりと制度化されているのです。卒後教育においても細かな制度設計がされており、臨床研修も3段階に分かれます。インターンシップ、レジデンシー、フェローシップ、と進む道筋が定められており、レジデンシー後に受ける認定試験「Board Certification Examination」に合格しなければ「総合内科医」「一般外科医」等の称号を得ることができず、医師としての活動をすることができません。また、フェローシップ後の「Subspeciality Board Certification Examination(専門科認定試験)」に合格すると「循環器内科専門医」等の称号が与えられ、高度な医療行為を行うことができます。もちろんこれらに相当する研修内容は日本にも存在しますが、ここまで各診療科に渡って統一的に制度化されてはいません。


  日本 アメリカ イギリス 韓国
医学教育 大学医学部(6年制)高校卒業後に大学ごとの入学試験に合格すれば入学できる。臨床教育は主に大学病院で診療・研究を行う医師により行われる。 メディカルスクール(4年制の専門職大学院)4年制大学学士号を取得し、共通試験(*1)に合格すると入学できる。ボランティア活動なども要求される。医学教育の専門家が関わっている。 大学医学部(5年制)高校卒業後に、面接、筆記、書類審査などからなる共通試験に合格すると入学できる。家庭医(*2)も積極的に大学での医学教育に関わっている。 高校卒業後に大学医学部(6年制)に入学する方法と、他の大学学部を卒業した後にメディカルスクール(4年制、2002年より創設)に入学する方法がある。
国家試験・医師免許 卒業後、医師国家試験に合格すると国により免許が交付される。診療科ごとの試験はなく、基本的にはどの診療科も標榜できる(麻酔科を除く)。 USMLE(*3)またはCOMLEX(*4)に合格後、州ごとに審査され医師免許が交付される。2〜3年ごとに免許の更新が必要。診療科ごとに試験はない。 卒業することで、国から免許が与えられる(国家試験はない)。診療科ごとに専門医資格が必要。家庭医と病院医(専門領域)の明確な区別がある。 卒業後、第三者機関による医師国家試験を合格することで、国から免許が交付される。どの診療科も標榜できる。
臨床研修 (実質)義務
初期臨床研修:2年
2004年度より、診療に従事するためには2年間以上の臨床研修を行うことが必修化された。臨床研修を終えていない医師は、病院・診療所の管理者となることができない。医師免許取得後の臨床研修を経て、専門とする診療科を決定する。
レジデンシー後の認定試験(*5)の合格が必須
インターンシップ:1年 主要診療科を一通り回る。
レジデンシー:3~6年 この後の認定試験に合格して初めて「総合内科医」「一般外科医」等の称号となり医師としての活動が可能となる。
フェローシップ:3~10年 その後の専門科認定試験(*6)に合格すると「循環器内科専門医」等の称号が与えられ、高度な医療行為を行うことができる。
義務 ファウンデーションプログラム:2年 専門研修を選択する必要がある。専門研修は大きく「家庭医(プライマリ・ケア)」と「病院医(専門医療)」とに分かれ、さらに病院医は各診療科に分かれる。
研修終了の後にそれぞれ総合認定医、専門認定医の試験があり、合格して初めて「医師」としての独立した診療行為が許されている。
医学部卒業と同時に開業が可能
臨床研修プログラムは整備されており、アメリカの制度に準じて、インターンシップ、レジデンシー、フェローシップと進む。
19~29歳の男性には2年強の兵役がある。レジデンシー修了後や、大学学部の3年時に兵役に就き、終了後に復帰する。

*1 MCAT, Medical College Admission Test *2 General Practitioner *3 The United States Medical Licensing Examination *4 The Comprehensive Osteopathic Medical Licensing Examination *5 Board Certification Examination *6 Subspeciality Board Certification Examination


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら