地域の救急医療を支えるしくみ

医学生が取材!
救急医の役割とやりがい-(前編)

東海大学医学部付属病院の高度救命救急センターに、救急医療の勉強会を中心とした活動を行っている医学生サークル「TESSO」のメンバーを中心とした医学生6名が取材に伺いました。

ドクターヘリが注目されたのは阪神・淡路大震災がきっかけだった

ヘリの歴史と意義

――まず、ドクターヘリはどういうときに必要なのかを教えていただけますか?

中川(以下、中):ドクターヘリの活用が注目され始めたのは、阪神・淡路大震災の後です。あのときは、「救急車があります」と言っても、地上は道路が崩壊していて走れない状態でした。それまでも、ヘリが救急搬送に利用された事例がなかったわけではないけれど、このとき患者さんの搬送に空路はほとんど利用できなくて、搬送されずに亡くなってしまった人がとても多かった。そこで、いよいよドクターヘリを使おうって話が出てきたんです。

そして1999年に厚生省(当時)が、西は川崎医科大学、東は東海大学、二つの大学病院でドクターヘリを運用するという試行的事業を始めました。そして、実際に搬送された患者さんがどうなったのか、その医学的効果について検証したんです。期間は1年半だったけれど、東海大はその1年半の間に485名を搬送しました。その中には、例えば救急車で30分かけて搬送したら亡くなっていただろうと思われる人や、バイタルサインが悪くて虫の息の状態で、放っておいたら亡くなってしまうという人もたくさんいました。けれどヘリを利用すれば、救急車で30分の距離でも7分ぐらいで着くことができます。しかもその場で治療ができるので、血圧を上げることもできるし、人工呼吸をすることもできる。そういう風にして、ヘリのおかげで助かったと言える人が約55名もいました。

この搬送時間の違いは大きいんじゃないかということで、ヘリを事業として導入しようという方針になってきています。現在では、ドクターヘリの基地病院は全国34道府県40病院にまで増えていて、将来的にはそれらの病院でいろいろなデータを共有しながら医学的効果を検証しようという構想もあります。

ドクターヘリの実際の流れ

――実際にドクターヘリに乗って現場に行ったときの業務の流れを教えて下さい。

中:まず、ランデブーポイントという、救急車とドクターヘリが合流するポイントがあることは知っていますか? 具体的に言うと、例えば市町村の中で、○○中学校とか、××グラウンドとか、ヘリが着陸できる場所が何か所かランデブーポイントに指定されています。消防隊はドクターヘリを要請するときに、あらかじめ現場に近いランデブーポイントを選定します。「○○中学校のグラウンドに来てください」という連絡が入ると、僕らはヘリで、患者さんは救急車でそのグラウンドに向かいます。そして、そこで救急車と落ち合い、救急車の中で医師による初期治療が開始されます。医師がその場に行けることがヘリの大きな利点です。そしてある程度運んでも大丈夫な状態にしてから、ヘリに乗せて運んでいくような流れになります。

――現場にはどういう機器を持っていくんですか?

中:初期治療に使うものは、たいていヘリに積んであります。除細動器、超音波検査装置。それから12誘導心電図があると、不整脈や心筋梗塞の診断ができます。人工呼吸するために気管挿管をしたりもするし、口から入らない場合は、気管を切ったりもします。もちろんCPR(心肺蘇生法)も一通りできるし、必要だったら開胸して心臓マッサージをすることもあります。胸に溜まった空気や水、血液を抜くために、チューブを入れたりすることもあるんですよ。そういうことを全部現場でできる。ER(救急救命室)の室内でできる処置は、だいたい現場でもできるという感じですね。

中川 儀英先生
東海大学医学部専門診療学系救命救急医学 准教授

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら